セミナー
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

断熱材料の利用/開発の肝心要
断熱材料の伝熱機構・熱物性を学ぶ

分かりづらい熱伝導、対流伝熱、ふく射伝熱を基礎から解説
断熱材の熱伝導率制御、測定方法、開発トレンドも

本セミナーは都合により3/26(金)開講に延期となりました(1/22 15:30更新)
詳細につきましては、下記をご確認下さい。
https://www.science-t.com/seminar/B210356.html
伝熱の基礎 ―熱伝導、対流伝熱、ふく射伝熱― から断熱材の伝熱機構や熱物性の制御手法まで
断熱材を利用/開発するために必要な知識を丁寧に解説します
日時 2021年1月29日(金)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( E-Mail案内登録価格 46,970円 ) S&T会員登録とE-Mail案内登録特典について
定価:本体45,000円+税4,500円
E-Mail案内登録価格:本体42,700円+税4,270円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/E-Mail案内登録価格 33,440円 )

 35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 E-Mail案内登録価格:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともE-Mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円) 
配布資料・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
   ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性がありますこと、
  ご了承下さい。
Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付
※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・伝熱の基礎(伝導,対流,ふく射)と実際の現象例との関連性が理解できる
・種々の材料内部の伝熱機構の基礎が理解できる
・省エネのための基本としてどんな現象が大事なのかを理解できる
対象【講師より】
工学の基礎知識があることが望ましいですが、式の部分をできるだけ簡素に解説しますので、現場で多少の経験があれば大丈夫だと思われます。

セミナー講師

富山大学 名誉教授 平澤 良男 氏

[研究内容]
高性能断熱材の開発・性能評価、潜熱蓄熱技術の基礎と応用、熱物性の能動制御に関する研究、その他エネルギー有効利用に関する研究
[執筆書籍]
冷凍空調便覧(基礎編)−氷蓄熱−(分担執筆), 日本冷凍空調学会
多孔体の精密制御と機能・物性評価(分担執筆), S&T出版

セミナー趣旨

 セミナー前半では断熱材内部の伝熱機構を考えるための基礎として、熱伝導、対流伝熱、ふく射伝熱などについての基本をできるだけ簡単な表現と図解表現を加えて解説するとともに、講師が経験した実験作業や日頃経験する実例などと、これらの伝熱機構(伝導,対流,ふく射)の関連性を解説する。そして、これら伝熱機構の中で重要な役割をなす物性値とそれらの物理的意義を解説し、これらの物性値と実際の現象との関連性についての理解を深める。
 セミナー後半では、断熱材内部の伝熱機構を基礎的事項の応用として紹介し、これらの基礎事項を断熱材の構造によってどのように考慮し、どんな点に 注意する必要があるのか解説を加えるとともに、前半の基礎的知識を活かして断熱材の熱物性値を推定するための計算モデルを視覚的にわかりやすい形で紹介する.さらに熱物性の制御についても言及する。

セミナー講演内容

1.はじめに
 
2.実際例から理解する基本的伝熱機構
 2.1 伝導の基礎と実際例など
 2.2 対流の基礎と実際例など
 2.3 ふく射の基礎と実際例など
 
3.伝熱において重要な熱物性値いろいろ
 
4.熱物性と緒現象との関わり
 
5.多孔質断熱材の伝熱機構
 5.1 熱伝導率の推算,計算モデル
 5.2 ふく射伝熱機構とその影響・制御
 
6.多層断熱材
 6.1 簡易実験法と計算モデル
 6.2 ふく射伝熱機構とその影響・制御
 6.3 計算モデルの応用(表面物性,内部温度分布の推測など)
 
7.機能性断熱材に関する考察と提案
 
8.まとめ

□ 質疑応答 □