セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】 
触覚・触感・手触り感の官能評価・測定評価法と
商品開発への応用

触覚に着目した製品開発に必要な、触覚・触感のメカニズムから、商品開発へ落とし込む時に必要となる官能評価法や物性値への結びつけ、更には定量化技術の最新動向や、自動車・情報機器用材料・スポンジや樹脂材料への応用事例までを解説
日時 2021年1月22日(金)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
  35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   会員:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
  開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURLが記されております。
  「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識
・触覚に関する基礎知識
・官能評価のやりかた
・触覚センシングとディスプレイ
・触覚に着目した商品設計の実例
・物性・官能評価に基づいた触覚の評価と制御
 
受講対象
化粧品・繊維・食品・自動車・情報機器・原料・部品メーカー などの商品開発担当者向けです。
予備知識等は不要です。
 

セミナー講師

山形大学 大学院 理工学研究科 バイオ化学工学専攻 教授 博士(工学) 野々村 美宗 氏
【専門】物理化学、界面化学、化粧品学
花王(株)でメイクアップ化粧料や身体洗浄料の商品開発を担当。2007年から現職。
日本化学会、日本油化学会、化粧品技術者会会員

セミナー趣旨

 しっとり、さらさら、べたべた等の触感は食品・衣料・化粧品から自動車・情報機器・ロボット・まであらゆる商品の評価を左右する、重要な因子です。しかし、使用者の感じた感覚を正確に評価し、商品設計やマーケッティングに結び付けるのは難しいものです。
 このセミナーでは、触覚に関する基礎知識と、触覚センサ/ディスプレイなどの応用技術、官能評価についてはアンケートを設計、得られたデータを解析し、商品設計の基本になる物性値に結び付ける方法を、具体例を交えて説明します。

セミナー講演内容

1.なぜ触覚を研究するのか? 触覚に着目したものづくりの可能性
 ○ 触覚に着目したものづくりの可能性
 ○ 事例紹介:衣料・化粧品・自動車・情報機器

2.触覚研究のための官能評価
 〇 官能評価とは?
 〇 官能評価に影響を及ぼすファクターとそのコントロール
 〇 官能評価用質問紙の作り方とデータ解析

3.ヒトの触覚認識メカニズム
 ○ 触覚受容器における情報処理
 ○ 脳における情報処理
 ○ 触の錯覚

4.触覚センサと触覚ディスプレイ

5.手触り・触感の定量化技術の最新動向

 〇 手触りがひとそっくりの人工皮膚の開発
 〇 触覚による水認知のメカニズム
 〇 水の触感のディスプレイの可能性
 〇 さらさら・べたべた・しっとりの物理的起源
 〇 自動車用材料・情報機器・スポンジ・樹脂材料への応用

  □質疑応答□