セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
機能性色素の基礎と合成・分子設計・各物性および応用展開

~色素構造、光物性・電気化学的特性・デバイス物性、評価法~
~各応用分野に最適な分子設計/オプトエレクトロニクスや医療分野への応用~

基礎から、合成法、分子設計、各物性、評価方法、有機系太陽電池や発光素子・蛍光センサー・光線力学的療法などへの応用展開まで!
基礎から応用までを詳しく学べる1日セミナーです。機能性色素の応用や新規開発などに、ぜひこの機会をお役立てください。
日時 2021年1月20日(水)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送します。
 開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、
 セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】
 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申し込みの際は、接続確認用URL(https://zoom.us/test)より、接続が可能か等のご確認をお願いします。
  (接続確認の詳細→ https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083
 ・当日のミーティングURL・ID・パスコードは、お申込み受理のご連絡メールに記載しています。
 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識機能性色素の合成法、機能性色素の構造と光物性・電気化学的特性の関係、機能性色素の分子設計、機能性色素を用いたオプトエレクトロニクスデバイス物性、固体発光性色素の外部刺激応答特性、光増感色素による光線力学的療法、分子認識と光物性の関係(蛍光センサー)
対象予備知識は必要としない。
機能性色素の分子設計、色素構造と光物性・電気化学的特性、デバイス物性(外部刺激応答性材料、光電変換、センサー、光線力学的療法など)および評価方法に関する知識を本セミナーで得て、それぞれの応用分野に最適な新規の機能性色素の開発や、オプトエレクトロニクス(有機系太陽電池、発光素子、蛍光センサーなど)や医療分野(光線力学的療法)への応用展開を想定されている方。

セミナー講師

広島大学 大学院先進理工系科学研究科 教授 博士(理学) 大山 陽介 氏
専門:機能性色素化学、有機合成化学、有機材料化学、材料物性化学、光化学、電気化学
【講師詳細はこちら】

セミナー趣旨

 機能性色素(Functional Dye)は、1970年代後半に日本から発生した学術用語であり、光、熱・電場・磁場などの何らかの操作(外部刺激)によって、色や発光性が変化する・情報を記録する・エネルギー変換を引き起こすなどの新しい機能を発現する分子である。オプトエレクトロニクスデバイスや環境分野さらには医療分野に応用できるため、持続可能な開発目標(SDGs)に資する重要な材料群である。
 本セミナーでは、機能性色素の合成、色素構造と光物性・電気化学的特性、デバイス物性(外部刺激応答性材料、光電変換、センサー、光線力学的療法など)および評価方法に関する知識を学び、それぞれの応用分野に最適な機能性色素の分子設計指針と新規な色素母体骨格の開発およびオプトエレクトロニクス(有機系太陽電池、発光素子、蛍光センサーなど)や医療分野(光線力学的療法)への応用展開について紹介する。

セミナー講演内容

1.機能性色素とは
 1.1 色素の変遷と分類
 1.2 機能性色素の合成
 1.3 機能性色素の物性
 1.4 機能性色素の分子設計
 1.5 機能性色素の応用例
 
2.機能性色素の光物性と電気化学的特性
 2.1 光吸収スペクトル
 2.2 蛍光・りん光発光
 2.3 励起エネルギー移動と電子移動
 2.4 酸化還元およびHOMO・LUMO
 2.5 経験値と分子軌道計算による分子設計
 
3.外部刺激応答性の機能性色素の分子設計と物性:メカノフルオロクロミック色素を例として
 3.1 固体発光性
 3.2 分子間相互作用の制御
 3.3 メカノフルオロクロミズム
 3.4 結晶とアモルファス
 3.5 理論的考察
 
4.光電変換用の機能性色素の分子設計と物性:色素増感太陽電池を例として
 4.1 光電流・光起電圧
 4.2 電子移動の最適化
 4.3 分子配列・配向性の制御
 4.4 電極と色素間の相互作用
 4.5 耐久性
 
5.分子認識能を有する機能性色素の分子設計と物性:蛍光性水センサーを例として
 5.1 ホスト・ゲスト
 5.2 分子間相互作用
 5.3 分子認識と光吸収・蛍光特性
 5.4 蛍光性水センサー
 5.5 蛍光性クラスレート色素
 
6.一重項酸素を発生する機能性色素の分子設計と物性:光線力学的療法用光増感色素を例として
 6.1 一重項酸素の発生機構
 6.2 一重項酸素発生の評価法
 6.3 色素骨格と一重項酸素発生
 
7.新規な色素母体骨格の分子設計・合成と光電特性:縮環型ビスベンゾ[c]チオフェン
 7.1 分子軌道計算による分子設計
 7.2 合成法
 7.3 光物性と電気化学的特性

 □ 質疑応答□

<セミナーキーワード>
ソルバトクロミズム,エレクトロクロミズム,フォトクロミズム,メカノフルオロクロミズム,デバイス物性,光線力学的療法用色素,蛍光・りん光,エネルギー・電子移動,分子認識,光電変換特性