セミナー 印刷

【Live配信(Zoom使用)セミナー】【会場で受講もOK】

<基礎・入門> バリアフィルム(透明蒸着フィルム)の
最新動向と容器包装の事例動向

■食品包装・パッケージの課題と事例紹介■

本セミナーは、【ZoomによるLive配信受講】か【会場受講】をご選択いただけます。
※Live配信の詳細につきましては下記「オンライン配信」の項目をご確認ください。
★ 透明バリア(蒸着)フィルムを含めた最近のパッケージを、基礎・入門講座として1日しっかり学びます。
★ 易開封+取り出し易さ機能へ!電子レンジ包装へ!鮮度保持包装へ!液体内容物紙容器へ!
日時 【会場受講】 2020年12月17日(木)  10:30~16:30
【Live受講】 2020年12月17日(木)  10:30~16:30
会場 【会場受講】 東京・港区浜松町 東京都立産業貿易センター浜松町館  4F 第1会議室
会場地図
【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
講師 凸版印刷(株) 生活・産業事業本部 パッケージソリューション事業部 開発本部 西日本開発部 部長 吉永 雅信 氏
【包装管理士、工学博士】
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料●会場受講者
製本テキスト(当日、会場にてお渡しいたします)

●Live配信受講者
製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催日の4~5日前に発送いたします。
※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性が
 ありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
・本セミナーのLive配信はビデオ会議ツール「Zoom」を使用いたします。
・当日のZoomのURLは開催3日前頃までにご連絡いたします。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。講師へのご質問も可能です。
・お申込みの際は、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
・開始時に視聴できないなどのお問い合わせが増えています。予めZoomのテスト確認を必ずお願いいたします。
 Zoomのテスト
 http://zoom.us/test
 音声に関するQ&A
 https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083
 Zoomのアプリの他、ブラウザによる視聴環境について
 https://support.zoom.us/hc/ja/articles/214629443-Zoom
 Internet Explorer 10以降       Chromium Edge 80以降
 Google Chrome 53.0.2785以降    Safari 10.0.602.1.50以降
 Firefox 76以降
備考※資料付
※会場受講者のみ昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー趣旨

 透明バリア(蒸着)フィルムは、その特長から広範囲で使用されており、包装材においてシェアが広がっています。一方で社会状況や世代構造の変化に対して、食品や飲料の容器包装も進化し続けており、透明バリア(蒸着)フィルムを含めた最近のパッケージにおける特徴や機能性について紹介させて頂きます。

セミナー講演内容

<得られる知識・技術>
・ガスバリア性能やバリアフィルムの要素技術と商材への展開事例
・パッケージを取り巻く社会の課題(サスティナブル社会とSDGs)
・電子レンジ包装
・易開封+取り出し易さ機能
・鮮度保持包装
・液体内容物充填紙容器

<プログラム>
1.透明バリアフィルムについて(種類・性能・特長など)

2.パッケージ市場を取り巻く社会の課題
 2.1 透明バリアフィルムの市場拡大
 2.2 透明蒸着フィルムを取り巻く市場動向

3.透明蒸着フィルムの商品展開
 3.1 電子レンジ食品の包装(世帯構造の変化に合わせて・・・)
 3.2 易開封機能+取り出し易さ
 3.3 鮮度保持機能
 3.4 液体紙容器の開発と進化
 3.5 その他商材への応用事例

4.透明蒸着フィルム「GL BARRIER」の紹介


  □質疑応答□