セミナー 印刷

【Live(リアルタイム)配信】
実用化が加速するミニLEDバックライトの市場・技術動向

~SID2020でAppleも詳述したミニLEDバックライト搭載LCD
  その表示性能、要素技術、台湾・中国他業界動向を解説~

◎液晶ディスプレーのHDR性能を飛躍的に高め、中~大型画面の領域でOLED化に待ったをかけるミニLEDバックライト技術。
◎中国TCL社の大画面TV、台湾ASUS社のモニターで採用され、iPad Proへの搭載が噂される本技術の現状と今後の展望をテックアンドビズ・北原氏が解説します!
日時 2020年12月21日(月)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円) 
配布資料・PDFデータ資料
 ※開催前々日~前日営業日に提供いたします。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込み後、接続確認用URL( https://zoom.us/test )にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付
※ 講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

テック・アンド・ビズ(株) 代表取締役 北原 洋明 氏

【略歴】
1978~1988年:日電アネルバ(現キヤノンアネルバ)にて,主に半導体用スパッタ装置のプロセス
開発に従事。顧客へのセールス活動,装置納入後のプロセス立ち上げ・プロセスサポートまでカバーする。
1988~2000年:日本アイ・ビー・エムにて,TFT液晶パネルのプロセス開発および生産技術を担当。
この間,第1世代から第3世代の液晶製造ラインの導入・立ち上げおよび次世代ラインの検討に携わる。
2001~2002年:同社にて,高精細液晶ディスプレイのマーケティングに従事。
2003~2006年:同社にて,液晶関連のソリューションビジネス,コンサルタント業務に携わる。
2006年12月より,テック・アンド・ビズ(株)を立ち上げ,アジアをベースとしたFPDおよびグリーンデバイス
関連の情報サービス活動、ビジネスマッチング等の活動を行っている。
1997年~現在:業界活動に積極的に参画。業界団体であるSEMI  PCS‐FPD活動では,副委員長として
液晶生産ラインのあり方,生産性向上,業界の指針となるロードマップ作成,などについての検討作業に
中心的な役割を果たす。その他,JEITA委員,業界セミナーのプログラム委員などに携わる。 
これらの経験を基に,産業界の動向や技術トレンド等をまとめ,執筆・講演活動も行っている。

主な著書:『新液晶産業論―大型化から多様化への転換』(工業調査会),『図解わかりやすい液晶
ディスプレイ―技術とビジネスのトレンド』(日刊工業新聞社),等々

セミナー趣旨

 スマホでは有機ELの採用を推し進めるAppleが、モニターやPADなどの中型ディスプレイではミニLEDをバックライトに使ったLCDの採用に積極的に動き出した。ASUSのモニターやTCLの大画面TVでも採用が進んでいる。Mini-LEDバックライトLCDは液晶ディスプレイの表示性能を飛躍的に高め、有機ELをしのぐコントラスト比と輝度を実現することができる。
 本講座では、ミニLEDバックライトLCDの性能や技術を詳細に解説し、この開発を積極的に進めてきた台湾と後を追う中国および世界の企業の関係・サプライチェーンなどを具体的に示していきます。

セミナー講演内容

1. ミニLEDバックライト採用LCDと他のディスプレイとの比較

2. 台湾・中国の各プレーヤー企業の動向、製品化の動き 等

3. ミニLEDバックライト関連技術(LEDチップ~BLU化~ディスプレイ搭載)

4. 将来のマイクロLEDを見据えた開発の方向と進捗


□ 質疑応答・交流タイム □