セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信(リアルタイム配信)】 
改正JIS対応!
GHS分類SDS・ラベル作成のルールと
混合物におけるグレーゾーンの解決法

不安や疑問を抱えたままのGHS分類やSDS・ラベル作成から卒業、モヤモヤしていた疑問も丁寧な解説ですっきり氷解!
改正JISに準拠する基礎的な知識、迷いが生じやすい混合物においての考え方までサポート。
アップデートしておきたい化学物質管理法規の最新動向や国連危険物輸送勧告(UNRTDG)も解説します。
日時 2020年12月9日(水)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
  35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   会員:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料・製本テキスト(開催日の4,5日前に発送予定)+PDFテキスト(印刷不可)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
  開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。

   ※PDFテキストはマイページより任意でダウンロードいただきます。(開催の営業日2日前よりダウンロード可)
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込みの際は、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして
   接続できるか等ご確認下さい。

  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識
・JIS Z 7252/7253:2019改正のポイントと旧JISとの相違点が理解できます。
・改正JISに対応した混合物のGHS分類、SDS・ラベルの作成ができるようになる。
・SDS三法(安衛法、化管法、毒劇法)に対応した適切なSDS・ラベルの作成ができるようになる。
・化学物質管理法規の最新動向や国連危険物輸送勧告(UNRTDG)についての知識も得られる。
 
受講対象
・JIS Z 7252/7253:2019改正のポイントと旧JISとの相違点を知りたい方   
・化学物質管理の初心者の方で、SDS三法(安衛法、化管法、毒劇法)を理解したい方 
・GHS、SDSを正しく理解し、混合物のSDS・ラベルを作成したい方
・化学物質管理法規の最新動向や国連危険物輸送勧告(UNRTDG)について理解したい方
 

セミナー講師

SDS研究会 代表 吉川 治彦 氏
【専門】化学物質管理、法規制コンサルティング、リスクコミニケーションとリスクの心理
立教大学大学院講師、東京工芸大学講師 日本心理学会認定心理士(リスク心理学)
執筆:「Q&Aで解決 化学品のGHS対応SDSをつくる本」丸善出版(2019.9)

セミナー趣旨

 事業者の方々が扱う化学物質は、法規制に準じた対応が必要となるが、その内容を充分に理解することは容易ではないと思われる。特に、SDSやGHSに関しては、不安や疑問を持ちながら従事されておられる方々も少なくないのではないかと考えられる。そこで、本セミナーでは、JIS Z 7252/7253:2019改正に準拠した知識を体系的に学び、疑問や迷いを生じやすい混合物のSDS、ラベルの作成に焦点を当て、ヒントとなるような知識(グレーゾーンの解決法)が得られる講演を行う。さらに、化学物質管理の法規制における最新動向やGHSと関連性のある国連危険物輸送勧告(UNRTDG)についても解説する。

セミナー講演内容

1.SDSの基礎知識
・SDSとは
・SDSの目的
・SDSの概要

2.GHSの基礎知識
・GHSとは
・物理化学的危険性
・健康有害性
・環境有害性
・混合物の分類
・国連文書とその改訂
・改正JIS Z 7252:2019、JIS Z 7253:2019のポイント
・改正JISに準拠した混合物のGHS分類

3.SDSに関連する法律“SDS三法(安衛法、化管法、毒劇法)”の概要
 及びそれに対応したSDS、ラベル作成

・労働安全衛生法(安衛法)
・特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善の促進に関する法律(化管法)
・毒物・劇物取締法(毒劇法)
・化学法規の最新の動向(化管法、毒劇法の改正動向等)

4.改正JISに準拠した和文SDS、ラベル作成
・改正JISに準拠した和文SDS作成例
・改正JISに準拠した和文ラベル作成例

5.GHSと国連危険物輸送勧告(UNRTDG)の関係、グレーゾーン解決のコツ
・国連危険物輸送勧告(UNRTDG)の概要
・グレーゾーン解決のコツ

  □質疑応答□

【キーワード】SDS、GHS、JIS Z 7252:2019、JIS Z 7253:2019、安衛法、化管法、毒劇法、国連危険物輸送勧告、UNRTDG