セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
表面機能設計のために理解しておきたい
表面・界面の現象・メカニズムと機能設計事例

~摩擦特性・濡れ性・光学特性を中心に、その他、抗菌機能・放熱機能等の事例まで~

各表面特性の現象・メカニズムから、機能設計の考え方・設計事例、トップダウン・ボトムアップ両方の加工プロセスまで!
固体表面に目的の機能を付与するために必要な知識・考え方をしっかり理解できる内容です。
日時 2020年10月30日(金)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第3講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・会場受講:製本テキスト
・Live配信受講:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・濡れや流動,および摩擦といった複雑な現象を正確にとらえられるようになる。
・機能設計の考え方が理解できるようになる。
・多様な加工プロセスの横断的理解ができるようになる。
対象・加工プロセスに関する予備知識はあるほうが好ましいです。
・力学の基礎知識は必要です。
【Live配信対応セミナー】
 ※お申し込み画面では、【会場受講】または【Live配信】のいずれかをご選択いただけます。
 ※【Live配信】の申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までです。ご注意ください。​

・【Live配信セミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
 ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
 ・当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・開催当日、S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。
 ・開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性があります。
  ご了承下さい。

 
【Live配信セミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  動画視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
     ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
      なお、案内希望チェックがない場合、会員価格(5%OFF)は適用できません。
      【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  必ず、以下の視聴テストおよび視聴環境を事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。
  なお、目安として10~20Mbps程度の回線速度が必要となります。

    テスト視聴サイト【ストリーミング(HLS)を確認】  ≫ 視聴環境

セミナー講師

東京都立大学 システムデザイン学部 学部長/教授 工学博士 諸貫 信行 氏 
 1981年東京都立大学大学院修士課程修了.工学博士.精密機器に関する研究から最近では微細加工と表面機能に関する研究に従事.日本機械学会,精密工学会,euspen,IEEEに所属。
専門:微細加工と表面機能
ホームページ:http://www.comp.tmu.ac.jp/prost/

セミナー趣旨

 固体表面にマイクロ/ナノメートルレベルの微細な凹凸を設けたり表面エネルギを調整したりすることで、摩擦特性・濡れ性・光学特性などを調整することができる。しかし、それらの機能を設計するためには理論的な背景やメカニズムを十分に理解する必要がある。併せて、複雑な表面構造を作製するためのプロセス技術についても横断的な理解が重要となる。特にナノメートルレベルの構造作製に際しては、通常の切削やリソグラフィなどのトップダウンプロセスとは異なる「自己組織プロセス」のようなボトムアッププロセスの適用が期待される場合もある。
 本セミナーでは摩擦・濡れ・光学特性に関する機能設計を主なテーマとし、その背景にある理論やメカニズムについて解説するとともに、機能実現の事例を紹介する。さらに、微粒子の自己整列や水熱合成法といったボトムアッププロセスについても概説する。

セミナー講演内容

1.生物に学ぶ表面機能
 (ヤモリの指の付着機能,ハスの葉の撥水機能,蛾の目の無反射機能他)
 
2.摩擦の調整
 2.1 摩擦に関連する現象・メカニズムと評価
 2.2 事例紹介
  2.2.1 濡れても滑りにくい床構造の設計(触感含む)
  2.2.2 摩擦異方性と応用
  2.2.3 工具すくい面の凝着抑制
  2.2.4 ポリマーグラフトによる人工関節の水和潤滑向上
 
3.濡れと流動性の調整
 3.1 濡れに関連する現象・メカニズムと評価
 3.2 事例紹介
  3.2.1 微細構造による接触角の調整
  3.2.2 単分子修飾とその適用,濡れ性パターンで油をはじく表面,
  3.2.3 濡れ性パターンで油をはじく表面
 
4.光・電磁波の調整
 4.1 電磁波に関連する現象・メカニズムと評価
 4.2 事例紹介
  4.2.1 界面反射を抑制するモスアイ構造
 
5.その他の機能例(抗菌機能,放熱機能 他)
 
6.プロセスの課題と動向
 6.1 トップダウンプロセス(切削,リソグラフィ他)
 6.2 ボトムアッププロセス
  6.2.1 単結晶シリコンの異方性エッチング
    (ボトムアッププロセスとトップダウンプロセスの組合せ含む)
  6.2.2 微粒子の自己整列
    (応用としての金属アシストエッチング,フラクタル構造とガス応用)
  6.2.3 水熱合成法
    (ZnOのマイクロウニ状構造,チタニアの垂直配向ナノロッド,構造の転写を含む)
  6.2.4 アルミ陽極酸化
    (ボトムアッププロセスとトップダウンプロセスの組合せ含む)

 □質疑応答□