セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【live(リアルタイム)配信】
CO2有効利用技術の現状と今後の展望

合成ガスや燃料、化学品の合成等など二酸化炭素の有効利用技術の現在と今後を解説
日時 2020年10月27日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円) 
配布資料・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
   ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。

 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が開講日に間に合わない可能性がありますこと、
  ご了承下さい。
Zoom上ではスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
オンライン配信【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申し込み後、接続確認用URL(https://zoom.us/test)にアクセスして接続できるか等ご確認下さい。
  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付
※講義の録画・録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・欧米のCCUの開発技術と開発状況
・今後日本に必要とされる二酸化炭素削減と利用技術
・CO2削減のため日本で開発の必要な触媒プロセス
対象エネルギー関連・エンジニアリング・石油精製・石油化学関連会社の企画・研究担当者

セミナー講師

アイシーラボ 代表 室井 髙城 氏【講師紹介】

セミナー趣旨

 欧州では二酸化炭素回収貯留(CCS:Carbon Dioxide Capture and Storage),、米国では石油増進回収法(EOR:Enhanced Oil Recovery)が一部行われているがCCSには限界がある。究極のCO2削減技術は二酸化炭素回収有効利用(CCU:Carbon capture and utilization)しかない。CO2を用いて燃料と化学品を合成しなければならない。

セミナー講演内容

1.CO2排出の現状

2.CCS

 2.1 排ガスからCO2の分離回収
 2.2 大気中のCO2の分離回収
 2.3 欧州で始まったCCSプロジェクト
 2.4 EORの現状  
 2.5 炭酸塩としての固定化
 2.6 CCSの課題

3.合成ガスの製造
 3.1ドライリフォーミング
 3.2逆シフト反応
 3.3合成ガスから燃料の合成   

4.CO2を用いた燃料の合成
 4.1 Power to Gas
 4.2 LPGの合成
 4.3 e-fuel

5.CO2を用いた化学品の合成
 5.1 メタノールの合成
 5.2 軽質オレフィンの合成
 5.3 エタノールの合成
 5.4 芳香族の合成
 5.5 ポリマーの合成   

6.メタノール, エタノールケミストリー
 6.1 メタノール循環社会
 6.2 メタノールから燃料, 化学品の合成
 6.3 エタノールから化学品の合成

7. CO2フリー水素
 7.1 Green水素
 7.2 メタン分解による水素製造
 7.3 電解による水素製造
 7.4 共電解
 7.5 余剰電力
 7.6 人工光合成開発状況
 7.7 燃料電池の現状

8.水素貯蔵輸送
 7.1 MCH
 7.2 アンモニア

9.廃プラ・都市ゴミ利用
 9.1 ガス化
 9.2 廃プラ・都市ゴミガス化によるCO2利用
 9.3 廃棄物からジェット燃料の合成

□ 質疑応答 □