セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
CO2分離膜の設計・開発動向と
CO2回収・利用・貯蔵技術の現状と展望

~ガス分離膜の基礎、CO2分離膜の要求性能や設計、CCUSの現状と可能性など~

二酸化炭素排出抑制対策として求められるCO2の回収・利用・貯蔵技術。
その現状と今後の展望、CO2分離膜の要求性能・設計や開発動向、ガス分離性能評価法など、基礎から最前線まで詳しく解説。
日時 2020年10月15日(木)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】
 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料は事前にお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。
 ・開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性があります。
  ご了承ください。

 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・CO2分離回収における定量的な理解
・膜分離技術とCO2分離膜の開発
・CO2分離膜の最前線
対象・CO2分離回収技術に興味のある方
・CO2分離膜の開発を始める方
・CO2分離膜開発で疑問のある方

セミナー講師

九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 准教授 博士(工学) 谷口 育雄 氏
【講師詳細はこちら】

セミナー趣旨

 温室効果ガスの主成分であるCO2の排出抑制が喫緊の課題となっており、火力発電所など大規模CO2排出源におけるCO2分離回収技術として、アミン水溶液による化学吸収法が実証試験で用いられてきたが、所要エネルギーが大きく実用化への障壁となっている。
これと比較して、膜分離法は省エネルギーであり、次世代分離回収技術として着目され、様々なCO2分離膜が開発されてきた。
 本講演では、ガス膜分離の基礎から、CO2分離回収を目的とした分離膜の設計、ガス分離性能評価法などから、CO2分離膜開発の歴史、そして現状とこれからの課題について紹介する。また、分離回収したCO2の有効利用も昨今のトピックになっており、その現状や可能性について概説する。

セミナー講演内容

1.CO2分離回収技術
 1.1 温暖化および気候変動問題
 1.2 CO2回収貯留技術(CCS)
 1.3 種々のCO2分離回収技術
 1.4 CO2排出源と分離回収技術
 
2.ガス分離膜の基礎
 2.1 ガス分離膜の歴史
 2.2 ガス分離膜の基礎
 2.3 ガス分離膜の種類
 2.4 高分子膜のガス透過
 2.5 ガス分離膜の評価方法
 
3.CO2分離膜の開発
 3.1 開発の指針と要求性能
 3.2 CO2分離膜の開発動向
 3.3 キャリア介在型促進輸送膜
 3.4 I2CNERのCO2分離膜
 3.5 分離膜の今後の検討項目
 
4.CO2回収有効利用(CCUS)と今後の展望
 4.1 CCUの現状と可能性
 4.2 ネガティブエミッション
 4.3 BECCS研究
 4.4 まとめ

 □ 質疑応答□