セミナー 印刷

【Webセミナー(アーカイブ配信)対応】
微生物が作る
ヌメリ(バイオフィルム)の形成制御、防止・洗浄技術

~微生物やバイオフィルムの基礎と理解~
~ヌメリ・バイオフィルム制御の現状~
~バイオフィルムの検出法・評価法~

【会場受講】または【WEBセミナー(アーカイブ:撮影した動画)】にてご受講が可能です。
※WEBセミナーは、セミナー終了10日後を目途に、10日間・動画をご視聴いただけます。
やっかいなバイオフィルムを早く見つけ出し、除去・殺菌・滅菌し、根絶するために

微生物の専門家でない方々にもわかりやすく解説

バイオフィルムの理解で重要となるバクテリア細胞(浮遊細胞)の特徴や性質、浮遊細胞の抗菌処理法

個別対策に必要となるバイオフィルムの検出法や評価法も解説

バイオフィルムそのものを理解し、そのうえで評価、対策、防止、洗浄、根絶を行おう
日時 【会場受講】 2020年10月30日(金)  13:00~16:30
【WEBセミナー(アーカイブ)受講】 2020年11月12日(木)  ごろ配信開始予定(視聴可能期間:14日間)
会場 【会場受講】 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第1講習室
会場地図
【WEBセミナー(アーカイブ)受講】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )

  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
配布資料・会場受講:製本テキスト
・アーカイブ配信受講:製本テキスト(視聴開始日前の到着を目安に発送)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
オンライン配信【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】
 ※お申込み画面では、【会場受講】または【WEBセミナー】のいずれかをご選択いただけます。
 ※【WEBセミナー】の申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までです。ご注意ください。​

【WEBセミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
 ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
 ・当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・後日(開催終了後から10日以内を目途)に、ID,PWをメールにてご連絡申し上げます。
 ・視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
 ・セミナー資料は印刷・送付いたします。
 ・このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)

【WEBセミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  動画視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
     ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
      なお、案内希望チェックがない場合、会員価格(5%OFF)は適用できません。
      【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  必ず、以下の視聴テストおよび視聴環境を事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。
  なお、目安として10~20Mbps程度の回線速度が必要となります。
 
   ≫ 視聴テスト  ≫ 視聴環境
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・微生物やバイオフィルムの基礎
・ヌメリ・バイオフィルム制御の現状
キーワード:バイオフィルム,ストレス耐性,抗菌・洗浄技術

セミナー講師

関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科 教授 博士(工学) 松村 吉信 氏
【講師紹介】

セミナー趣旨

 微生物が形成するヌメリ(バイオフィルム)は一見単純な汚れと認識されるものの、なかなか完全に除去することは困難である。バイオフィルムには生きた微生物細胞が含有しているため、生長し、場合によっては他の場所にも移動する。つまり、バイオフィルム汚染を根絶するためには、できるだけ早く見つけ出し、除去あるいは殺菌・滅菌する必要がある。
 本講義ではバイオフィルムが形成する環境、バイオフィルムの構造から形成過程、形成制御や洗浄・殺菌について、微生物の専門家でない方にもわかりやすく説明を加えたい。また、バイオフィルムを理解する上で重要となる一般的なバクテリア細胞(浮遊細胞)の特徴や性質、さらには浮遊細胞の抗菌処理法についても解説したい。
 一方で、バイオフィルムの形成環境によってバイオフィルム対策は異なるものとなるでしょう。個別対策に必要となるバイオフィルムの検出法や評価法についても紹介し、これらを通して、皆様のバイオフィルム対策にお役に立てていただきたいと考えております。

セミナー講演内容

1.一般的な微生物細胞およびバイオフィルム
 1.1 一般的な微生物制御法
 1.2 微生物の分類と特徴
 1.3 一般的なバイオフィルム構造

2.微生物細胞の生活環
 2.1 微生物の生育に必要な環境条件
 2.2 細菌細胞の構造
 2.3 細菌細胞の特徴とストレス耐性

3.微生物細胞やバイオフィルムの検出方法
 3.1 コロニーカウント法の問題点
 3.2 蛍光顕微鏡を用いた細胞検出と生死判定
 3.3 微生物の同定法
 3.4 次世代シーケンサーを用いた細菌叢解析
 3.5 バイオフィルム評価法

4.バイオフィルムについて
 4.1 バイオフィルムが形成する環境について
 4.2 バイオフィルム構造
 4.3 バイオフィルムの環境ストレス耐性
 4.4 バイオフィルム形成・成熟過程
 4.5 バイオフィルム形成および崩壊に関わる情報伝達システム

5.バイオフィルムの制御・防止とその対策
 5.1 バイオフィルム・細菌細胞の制御・防止技術
 5.2 バイオフィルム・細菌細胞の制御・防止・洗浄技術の問題点と対策

6.今後のバイオフィルム研究とその活用

  □質疑応答□