セミナー 印刷

<構造物の動的な設計や振動対策を適切に行うための>
『振動工学 入門』

~振動現象の本質を理解する~ ~振動低減・高減衰への考え方を学ぶ~

このセミナーは【会場で受講】の他に、【Live配信】または【WEBセミナー(アーカイブ:収録)】
3つのパターンのいずれかでのご受講が可能です。
★ 外力とは? 質量、ばね、減衰が振動応答及ぼす影響とは? 共振現象とは? 高減衰設計・高剛性設計とは?
★ 振動挙動をどのように捉え、そして、そこで起こっている動的現象の「本質」は何かを理解する!
日時 【会場受講】 2020年10月22日(木)  10:30~16:30
【Live受講】 2020年10月22日(木)  10:30~16:30
【WEBセミナー(アーカイブ)受講】 2020年11月2日(月)  ごろ配信開始予定(視聴可能期間:約10日間)
会場 【会場受講】 東京・港区浜松町 東京都立産業貿易センター浜松町館  4F 第1会議室
会場地図
【Live受講】 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
【WEBセミナー(アーカイブ)受講】 Webセミナー ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
講師 東京電機大学 工学部 教授 佐藤 太一 氏
【経歴・研究内容・専門・活動・受賞など】
1983年 東京工業大学大学院総合理工学研究科精密機械システム専攻博士課程修了 工学博士
1983年 (株)日立製作所機械研究所
1994年 東京電機大学理工学部 助教授
1997年 東京電機大学理工学部 教授
2000年 フランス国立高等精密機械工学院 客員教授(1年間)
2007年 東京電機大学工学部 教授 現在に至る
「動力伝達用平歯車の振動性能に関する研究」にて工学博士取得。(株)日立製作所機械研究所にて、「各種機器(磁気ディスク・プリンタ・エレベータ・エアコンなど)の低振動・低騒音化技術の研究」に従事。
東京電機大学にて、「構造物の動的設計法」、「新しい防振要素・技術」、「人間-機械系のダイナミックスに関する研究」、「医療・福祉のための音の利用に関する研究」に係わる各研究に従事。
日本塑性加工学会賞会田技術奨励賞、1997
日本機械学会 フェロー、2005
日本機械学会 情報・知能・精密機器部門 貢献賞、2009
日本機械学会 教育賞、2010
【講師WebSite】
http://satolab.n.dendai.ac.jp/index.html
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円)
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
配布資料【会場受講】製本テキスト(当日会場にてお渡し)

【Live配信受講】製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開催日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。(ダウンロード配布不可)


【アーカイブ受講】製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
※セミナー資料はお申込み時のご住所へ発送させていただきます。
※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
 開催日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。(ダウンロード配布不可)
オンライン配信【Live配信対応セミナー】【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】
 ※お申し込み画面では、【会場受講】または【Live配信】または【WEBセミナー】のいずれかをご選択できます。
 ※【Live配信】【WEBセミナー】の申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までです。ご注意ください。​

【Live配信セミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
 ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
 ・当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・開催当日、S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料はマイページからPDFダウンロードできます(印刷可)。
 ・開催日時にチャット機能にてリアルタイムで講師へのご質問も可能です。

【WEBセミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
 ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
 ・当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・後日(開催終了後から10日以内を目途)に、ID,PWをメールにてご連絡申し上げます。
 ・視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
 ・セミナー資料はマイページからPDFダウンロードできます(印刷可)。
 ・このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)
【Live配信セミナー】または【WEBセミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  動画視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
     ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
      なお、案内希望チェックがない場合、会員価格(5%OFF)は適用できません。
      【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  必ず、以下の視聴テストおよび視聴環境を事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。
  なお、目安として10~20Mbps程度の回線速度が必要となります。
  ↓↓↓ご視聴いただける環境かご確認ください。↓↓↓
  
≫ テスト視聴サイト【ストリーミング(HLS)を確認】  ≫ 視聴環境
備考※資料付(会場受講は製本テキストを当日配布、Live受講者とアーカイブ受講者は事前送付)
※会場受講のみ昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー趣旨

 構造物の動的な設計や振動対策を適切に行うには、振動の「本質」を十分に理解しておく必要があります。単に、「振動の計算ができる」ということが重要ではありません。振動挙動をどのように捉え、そして、そこで起こっている動的現象の「本質」は何かを考えられるようになることが重要です。
 (1)振動現象を大きく支配する外力(加振力)、(2)振動系を構成する質量、ばね、減衰が振動応答およぼす影響、(3)エネルギー流れから捉える共振現象、(4)低振動化のための「高減衰設計」「高剛性設計」といった項目を、事例を紹介しながら分かりやすく解説します。

セミナー講演内容

<得られる知識・技術>
 起こっている振動現象について、その発生メカニズムを推論することができる。
 振動の発生メカニズムに対応した適切な振動対策を具体化することができる。

<プログラム>
1.はじめに

2.一自由度振動系の強制振動 【少し復習します】
 2.1 時刻歴波形と共振曲線
 2.2 力による強制振動・変位による強制振動
 2.3 振動の評価量

3.振動を支配する「外力」を理解する 【本講座の重点項目です】
 3.1 外力と振動応答の関係

  3.1.1 応答から外力を「推定」する
  3.1.2 周波数分析の観点から考える
 3.2 外力の種類と応答
  3.2.1 正弦波
  3.2.2 ひずみ波
  3.2.3 不規則波
 3.3 各種機械要素・装置における外力
  3.3.1 軸受け
  3.3.2 歯車
  3.3.3 空調機など

4.振動低減のために「何を変更・改善」すべきか 【振動低減の基本を理解します】
 4.1 外力を小さくすることができればよいのだが
 4.2 ばね支配・減衰器支配・質量支配

5.「共振」をエネルギー流れの観点から捉える 【現象の本質を理解します】
 5.1 エネルギー的な観点から見直してみる
 5.2 外力がなす仕事とダンパによって消散されるエネルギー
 5.3 共振は外力がもっとも効率良く仕事をなした結果起こる現象
 5.4 減衰による振動低減の物理的意味

6.「高減衰設計」を理解する 【振動低減の具体化です】
 6.1 振動エネルギーをダンパに「流す」
 6.2 固有振動モードから有効な制振方法を考える
 6.3 板の曲げ振動を抑える制振材貼り付けの考え方

7.「高剛性設計」を理解する 【振動低減の具体化です】
 7.1 構造設計の基本となる「力の流れ」とは何か
 7.2 「力の流れ」を読む・適用する
 7.3 リブ構造の例


  □質疑応答・名刺交換□​
  (※ 会場受講者・・・質疑応答&名刺交換が可能です。講師メールに質問可能です。)
  (※ Live受講者・・・チャット機能で質疑応答が可能です。講師メールに質問可能です。)
  (※ アーカイブ受講者・・・講師メールに質問可能です。)