セミナー 印刷

リチウムイオン電池搭載製品における安全規格と表示ルール

用途によっても変わることがあるリチウムイオン電池搭載製品の表示ルール。本セミナーでは、複雑難解なリチウムイオン電池の安全性規格・試験、用途別の表示ルールを解説します。
日時 2020年9月9日(水)  12:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5階 第3講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円)
備考資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

セミナー趣旨

 広く社会の電源インフラとなったリチウムイオン電池は、その安全性の確保や品質保証において、他の製品とは大きく異なった状況にある。種々の化学物質を含む“化学電池”であり、長期のライフサイクルにおいて、上記の問題を明確にするために、多くの試験規格があり、その結果として製品への表示(マーキング)が定められている。これらは製造者への義務と、一方でユーザに対して正しい情報を伝える手段である。
 電池のサイズも極めて多岐に渡り、用途や容量も小はスマホから、大はEVあるいは発電所まで存在する。表示に関しては全てが、更には国際的に定められた訳ではなく、特に用途分野毎の問題は複雑である。
 本講では現時点での情報を総合すると共に、リチウムイオン電池の安全性試験方法など、基本解説も踏まえて解説したい。

セミナー講演内容

1.リチウムイオン電池の基本構成と安全性

2.試験規格等の概要(1)一覧表で解説

  JIS、電気用品安全法、UN輸送基準勧告(IMO、ICAO)、ISO、IEEE ほか

3.認証規格等の概要(2)一覧表で解説
  ULと輸出保険、TUVと欧州規格 ほか

4.表示のルールとガイドライン
  EU指令(電池指令、WEEE)、電気用品安全法(PSEマーク)、電池工業会(運用上の規程)ほか

5.製品毎の動向
  汎用製品、ULの製品分類、医用機器、電動工具、自転車 ほか

6.関係機関の紹介と情報収集
  経済産業省(電気用品安全法、電気事業法)、国土交通省(航空・船舶輸送、住宅機器)、厚生労働省(医用機器)、
  総務省(消防法、建築基準法)、日本電池工業会、製品評価技術基盤機構 ほか

7.関連規則など
  バーゼル法(電池廃棄物の移送)、3R法、輸出貿易管理令 ほか

□ 質疑応答 □