セミナー

【Live配信(リアルタイム配信)】
製品開発・設計等の業務に役立つ
流体力学の基礎知識の習得

~ニュートン力学、保存則を中心とした流体力学の基本的な考え方~

本セミナーは都合により延期します。延期後の新日程は未定です。9月15日更新
「なんとなく理解した」から「しっかり基礎を理解した」と思えるために

流体力学を業務で使うことを前提にした内容で学びたい方は是非

ニュートン力学、保存則を中心に
 流体力学の基本的な考え方を身に付けて製品開発・設計に役立てる

流体力学が苦手、何から始めればいいかわからない、教科書などを読んでもピンと来ない方は是非
日時 2020年9月29日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )

  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
配布資料配布資料:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
     ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
     ※開催日の4~5日前に発送します。
      開催前日の営業日の夕方までに届かない場合はお知らせください。
     ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
      開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
オンライン配信【ZOOMによるLive配信】
 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
  「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※資料付(郵送)
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください
得られる知識 ニュートン力学、保存則を中心に流体力学の基本的な考え方を学習します。これらの知識は基礎的なものですが、製品開発・設計を行う上で必要な知識です。なんとなく理解していたから、しっかり基礎を理解したと思えるようにしたいと思います。
・連続体についての考え方
・質量保存則(連続の式)
・運動量保存則(運動方程式)
・エネルギー保存則(ベルヌーイの式)
・粘性及び粘性せん断応力
・レイノルズ数
・境界層
・パイプの中の流れ
・抗力・揚力
キーワード:連続体,保存則,連続の式,ベルヌーイの式,レイノルズ数,乱流,境界層,流体力

セミナー講師

豊橋技術科学大学 工学部 機械工学科 教授 博士(工学) 飯田 明由 氏
専門:流体工学,空力音響

セミナー趣旨

 業務等で流体力学を利用するため、基礎から学びなおしたい人、流体力学について専門的な勉強を行うための基礎を学びたい人を対象とした講義を行います(大学必修科目レベル)。

セミナー講演内容

1.[理想流体の力学]流体の静力学
 1.1 流体とは?
 1.2 圧力の定義
 1.3 圧力の計測

2.質量保存則とエネルギー保存則
 2.1 連続の式
 2.2 ベルヌーイの式の導出
 2.3 ベルヌーイの式の応用
 2.4 キャブレターの計算

3.運動量の保存則
 3.1 運動量
 3.2 運動量保存則
 3.3 運動量保存則の応用

4.層流と乱流
 4.1 粘性流体の性質
 4.2 レイノルズ数
 4.3 層流と乱流

5.粘性流体の力学
 5.1 管内流れ(ハーゲン・ポアズイユの式)
 5.2 ムーディー線図
 5.3 境界層
 5.4 乱流境界層
 5.5 管路内の流れと抵抗、管路の設計法

6.損失を考慮したエネルギー保存則と流体機械
 6.1 損失
 6.2 拡張ベルヌーイの式
 6.3 ポンプ/流体機械

7.流体力と揚力
 7.1 流体力の概算
 7.2 抗力
 7.3 流線型とドン等物体
 7.4 はく離
 7.5 ゴルフボールのディンプル
 7.6 揚力

8.流体工学の応用
 8.1 流れと音
 8.2 数値解析
 8.3 実験解析

  □質疑応答□