セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【LIVE配信セミナー】
プラスチック加飾技術の基礎と最新動向

目的にあった加飾技術をどのように選定するのか、分類を整理してしっかり学ぶ!
インクジェット加飾や三次元加飾など加飾技術の最新動向についても解説します
日時 2020年9月30日(水)  13:00~16:45
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の22,000円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
  35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   会員:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料・Live配信受講:製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
 ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
 ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
  開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・加飾という言葉が持つ意味合いを理解する知識
・加飾技術の分類を理解して、技術間の比較ができるようになる知識

【キーワード】
塗装、めっき、蒸着、フィルムインサート、転写、IMD、IML、三次元加飾、テクスチャー加飾、ヒート&クール
対象・プラスチックの製品企画、生産技術、技術開発部門の入社3年目程度の若手から課長クラス
・新規に加飾技術を導入しようと企画している企業の研究、技術、営業担当の管理職
【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURLが記されております。
  「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。

セミナー講師

秋元技術士事務所 所長 /  プラスチックス・ジャパン(株) 代表取締役社長 秋元 英郎 氏
【専門】プラスチック加飾技術・プラスチックの発泡成形技術

セミナー趣旨

 過去数十年にわたる、良いものを安く、世界中で一番安いところから買うという価値観が崩れ始めています。プラスチックの加飾技術は偽物・フェイクのための技術として発展しました。この結果、それなりの製品が安く買えるようになりました。
 しかし、それだけでは人々は幸せにはなれません。プラスチック加飾技術は製品に高級感や親しみを与え、所有する人を幸せにします。本講座では、プラスチックの加飾技術を分類して、それぞれの技術の特徴を話しますが、それだけではなく、どの技術を選べば良いのかを判断できるようになるための基礎的な知識を身に着けます。

セミナー講演内容

1. プラスチック加飾とは

2. プラスチック加飾の分類
 2.1 技術手法による分類
    ・造膜する
    ・塗る
    ・貼る
    ・色をつける
    ・形状をつける

 2.2 仕上がりによる分類
    ・金属調
    ・木目調
    ・ソフトタッチ

3. プラスチック加飾技術の動向
   ・金属調加飾
   ・インクジェット加飾
   ・テクスチャー加飾
   ・フィルム加飾
   ・三次元加飾

4. 劇的な環境変化の影響を考える

  □質疑応答・名刺交換□