セミナー 印刷

<デモ装置による体験付>
リアルハプティクス技術の基礎と応用事例

~実現理論、実現するイノベーション、各分野への応用など同技術の全容を解説~

人間による複雑で繊細な作業を遠隔から実行し、さらに自動化も可能にする“リアルハプティクス技術”。
様々な分野での活用が期待されている同技術について、基礎知識から、実現するブレークスルー、製造業・農林水産業・医療・福祉などの各分野における応用事例について解説します。さらにデモ装置による動作体験も実施します。
日時 2020年9月11日(金)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第2講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・力触覚とは何もので、何故に必要なものなのかを知る
・現状の産業用ロボットだけではカバーできないロボットの働き方
・リアルハプティクス技術の実現理論
・リアルハプティクス技術が実現するブレークスルー
・リアルハプティクス技術の応用事例と課題
対象・製造現場の働き方改革、更なる効率化を検討されている方
・農業分野、医療・介護分野、災害復旧現場など想定外の多様な事象が発生する現場の改善を検討されている方
・人間の充足感、自己主体感が労働においても重要であると考えられている方
・アバターの実現に興味を持たれている方

セミナー講師

慶應義塾大学 ハプティクス研究センター 副センター長 博士(工学) 永島 晃 氏
【講師詳細はこちら】
慶應義塾大学 ハプティクス研究センター 特任助教 博士(工学) 斉藤 佑貴 氏
【講師詳細はこちら】

セミナー趣旨

 人中心な超スマート社会実現を目指すSociety5.0(第5期科学技術基本計画)では、作業を高速・精緻に効率的に担うロボットの働き方だけでなく、柔軟で優しい人の特性を体現する柔軟な働き方の実現が求められています。特に、少子高齢化が進む我が国においては、優れた技能者を現場に必要十分なだけ配置することは難しくなっており、この解決は喫緊の課題です。リアルハプティクス技術は、長くphysical世界に放置されてきた力触覚をCyber世界に繋ぎ込むことを可能としました。その結果、人間の繊細な作業実行を遠隔から実行可能とし、さらに実行の自動化を実現します。
 本セミナーではリアルハプティクス技術が実現する多くのブレークスルーを紹介するとともに、基盤となる理論の説明、多くの応用事例の紹介、そして実機での動作体験を通して、リアルハプティクス技術のすべてを理解いただきます。

セミナー講演内容

1.リアルハプティクス技術の位置づけ、実現するブレークスルー
 1.1 何故にハプティクス技術が求められるか
 1.2 新しいロボットが実現すべき変革
 1.3 力触覚伝送とは
 1.4 リアルハプティクスが実現するイノベーション
 1.5 ロボットの働き方改革
 1.6 まとめ
 
2.リアルハプティクス技術の理論面からの説明
 2.1 そもそも制御とはなにか
 2.2 位置・速度制御とは
 2.3 力制御とは
 2.4 コンプライアンス制御とは
 2.5 バイラテラル制御(リアルハプティクス技術)とは
 
3.リアルハプティクス技術をデモ装置によって体感
 3.1 デモ装置Aによる力触覚伝送の体感
 3.2 デモ装置Bによるリアルハプティクス応用事例の体感
 
4.リアルハプティクス技術応用事例紹介
 4.1 製造業分野での応用事例
 4.2 農林水産業分野での応用事例
 4.3 医療・福祉介護分野での応用事例
 4.4 アバター実現に向けた応用事例

 □質疑応答・名刺交換□