セミナー 印刷

プラスチック射出成型の基礎知識とトラブルシューティング

バリ・ヒケ・ボイドなど様々な成型不良やトラブルに対応するための技術が学べます!
基本的な知識から実務で必要となる知識まで一日で習得!
日時 2020年9月10日(木)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第1講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
備考※昼食・資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・成形技術、成形品設計、金型設計など射出成形の基本から知識を整理して理解できる 
・プラスチック成形品の開発から量産までの課題・不良などの解決手法を習得できる
対象・プラスチック成形・加工に関連した技術者の方
・開発、製品設計、金型設計、生産技術、CAE技術、成形技術、品質技術に携わる方

セミナー講師

加藤技術士事務所 所長 加藤 秀昭 氏
【専門】プラスチック射出成形の製品設計から金型設計、成形、開発など全般

セミナー趣旨

 プラスチックはあらゆる産業で使用されています。金属やガラスなどの代替材料として技術開発が進み、プラスチックの生産性の良さ、軽量化、低コスト化などのメリットを享受して大量生産されています。
 プラスチック成形品の市場(特に国内市場において)は、成形品への要求仕様・品質が厳しくなっているなか、今後もさらに難しい成形品が多くなることは必須です。その状況で、プラスチックの成形不良の低減・生産性向上をするためには プラスチック成形の原理・技術にもとづいた対策が必要です。
 本セミナーでは、プラスチック材料、成形品設計、金型技術などの基礎知識の習得と、製造上の具体的トラブル・課題解決のための考え方を提案いたします

セミナー講演内容

1.プラスチック材料
 1-1. 高分子からプラスチック材料の特性、選定ポイント 
 1-2. 熱硬化性と熱可塑性
 1-3. 汎用、エンプラ、スーパーエンプラなど

2.成形品設計
 2-1. プラスチック特有の成形品設計
 2-2. 変形、そり対策の設計
 2-3. 外観不良対策の設計

3.金型設計
 3-1. プラスチックの生産性・生産効率に重要な技術
 3-2. 金型構造の考え方
 3-3. ゲート、温調、ガスベントなど

4.成形技術
 4-1. 成形不良に重要な成形技術 
 4-2. 射出成形技術の基本と原理
 4-3. 射出、保圧、冷却工程など

5.成形トラブル・不良の対策
  ・バリ  ・ショート  ・ひけ
  ・変形  ・ウェルド  ・フローマーク
  ・ボイド                など

  □質疑応答・名刺交換□