セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
フレキシブル・フォルダブルOLEDの最新技術動向

~デバイス構造・製造方法・材料技術/光学フィルム動向まで~

※本セミナーの会場開催はございません。詳細につきましては下記「ライブ配信」の項目をご確認ください。
ディスプレイの新しい付加価値として、またOLEDの強みを生かした競争戦略として開発が進むフレキシブル・フォルダブル技術。
本セミナーでは、フレキシブル・フォルダブルOLEDディスプレイの要素技術分析と光学フィルムの最新動向をトピックスも交えて解説します。
日時 2020年8月7日(金)  13:00~16:10
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

 35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
ライブ配信【ライブ配信対応セミナー】
 
・ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーです。
 ・お申込み受理の連絡メールに視聴用URLを記載しております。
  お手数ですが予め「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
 
・セミナー開催日時に、視聴サイトにアクセスしご受講ください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
 ・セミナー資料はPDFデータにて開催前日までにご提供いたします。
 
備考資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

セミナー講師

第1部 「群雄割拠のFPD技術動向とフレキシブル・フォルダブルOLEDの構成技術分析」(13:00~14:45)
 (株)サークルクロスコーポレーション フェローアナリスト 小野 記久雄 氏【講師紹介】

第2部 「フレキシブル・フォルダブルOLED向け光学フィルムの市場・技術動向​」(15:00~16:10)
 (株)テクノ・システム・リサーチ アシスタントディレクター 桜井 幸広 氏

セミナー講演内容

第1部 「群雄割拠のFPD技術動向とフレキシブル・フォルダブルOLEDの構成技術分析」

 FPDデバイスとしてLCDは小型から大型まで市場を占有した。しかしスマートフォンを皮切りにOLEDに急速に移行している。その勢いは17インチノートPC展示が相次ぐように大型製品へと及んでいる。
 今回はOLEDの強みとしてデビューが始まったフレキシブル・フォルダブルOLED技術に関し、特許情報を駆使し徹底分析する。ガラスOLEDに比べて難度の高いフレキシブルの製造工程、フィルムカバー、破壊光学から見た薄板カバーガラス、衝撃性を改善したOLED構造、そしてインセルタッチパネルの各技術を今後の投資・製品動向を含めて解説する。

1.ディスプレイ市場の戦国絵巻
  1.1 全FPD市場でのデバイス技術主役交代へ向けてのBattle状況
  1.2 LCDからOLEDへの製品ライフサイクルの変化
  1.3 OLED投資動向と対応するCES2020フォルダブルOLED展示分析
 
2.リジッド(ガラス基板)からフレキシブルOLEDの製造工程変化
  2.1 LCDに対するOLED優位性は形状ファクター
  2.2 フレキシブルOLEDでの追加工程
  2.3 難度の高いリフトオフ工程
 
3.フォルダブルOLED製品Galaxy Fold技術分析
  3.1 フォルダブルスマートフォン仕様
  3.2 フィルムカバー技術とその課題
  3.3 破壊工学視点で見る薄板カバーガラス(UTG)技術と最終カバー構造の予測
  3.4 衝撃性を改善するバッププレーンLTPS構造
 
4.インセルタッチパネル技術
  4.1 インセルタッチパネル投資・技術動向
  4.2  Y-OCTA構造とその課題(特許公報情報分析)

□ 質疑応答 □

◆得られる知識
 ・FPD、特にフレキシブルOLEDのデバイス構造、製造方法、材料技術
 ・FPDの最新投資・技術動向

 
第2部 「フレキシブル・フォルダブルOLED向け光学フィルムの市場・技術動向」

 有機EL(OLED)市場は、スマートフォンとTVが需要を牽引する形で市場形成が進んでいる。特にスマートフォンでは、複数回の折り曲げが可能なフォルダブルOLEDの開発が加速しており、将来の成長市場として注目を集めている。
 パネルメーカーやセットメーカーは、フォルダブルOLEDに光学フィルムを用いるにあたり、様々な要素を考慮して採用を検討している。フォルダブルOLED市場がまだ黎明期にある中、デファクトスタンダードとなる光学フィルムは存在しておらず、どのフィルムメーカーにも参入の機会があると考えられる。
 本講演では、フォルダブルOLED市場およびカバーフィルムや円偏光板用λ/4フィルム、タッチセンサなどの光学フィルムの市場動向について詳細に解説いたします。

1.OLED市場の概要
  1.1 フォームファクタ別市場動向 (リジッド、フレキシブル、フォルダブル、ローラブル)
  1.2 フォームファクタの進化に伴う光学フィルム構成の変化
  1.3 10”~20”の「OLED空白地帯」に向かうフォルダブルOLED

2.OLED向け光学フィルムの市場動向
  2.1 カバーフィルム
  2.2 λ/4フィルム (液晶コーティング品を含む)
  2.3 フィルムタッチセンサ
  2.4 その他光学フィルム

3.OLED向け光学フィルムの技術動向

4.まとめ

□ 質疑応答 □

◆得られる知識
 ・フレキシブル・フォルダブルOLEDの市場概要
 ・フレキシブル・フォルダブルOLED向け光学フィルムの種類と用途
 ・光学フィルムに対する競合技術 (UTG、インセル、塗布型偏光板)の最新動向