セミナー 印刷

<午前中で終わる90分速習セミナー>
『インフォマティクスを実践するには何が必要か?』

■このセミナーは【Live(リアルタイム)配信】での受講が可能です。■

このセミナーは【会場での受講】の他に、【Live配信】でのご受講が可能です。
※Live配信セミナーは、自宅やオフィスからWebにて受講いただけます。またテキストは事前に送付いたします。
★ プロセスインフォマティクスを構成するにあたって必要となるデータ解析の姿とは!?

★ 忙しいけれど学習したい。サクッと学びたい。オンライン受講は短時間がいい。短時間ならオンラインがいい。
  そんなご要望にお応えいたします。午前中で終わる90分で学べるセミナー:オンラインでも会場でも受講OK!
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2020年8月6日(木)  10:30~12:10 【午前中で終わる90分セミナー+10分質疑応答】
会場 東京・大田区平和島 東京流通センター 2F  第4会議室
会場地図
講師 東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 教授 船津 公人 氏
(兼務)奈良先端化学技術大学院大学 データ駆動型サイエンス創造センター 教授、研究ディレクター

【経歴・専門・受賞など】

昭和53年3月 九州大学理学部化学科卒業
昭和55年3月 九州大学大学院理学研究科化学専攻修士課程修了
昭和58年3月 九州大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了 理学博士 
昭和58年4月~昭和59年3月  九州大学理学部研究生 
昭和59年3月 豊橋技術科学大学工学部物質工学系助手
昭和63年4月           同上     知識情報工学系助手 
平成4年4月             同上            助教授
平成16年~ 東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻教授
現在に至る
平成23年 ストラスブール大学招聘教授

1) アメリカ化学会 2019Herman-Skolnik Award(2018年8年)
2) The Molecular Informatics Best Paper Award 2017 (2018年1月):
受賞論文:Mol. Inf. 2017, 36, 1700030.
3) 化学工学会 SIS部会 技術賞 (2016年9月) 
4) 日本コンピュータ化学会 学会賞 (2003年5月)
5) 日本化学会・Bulletin of Chemical Society of Japan (BCSJ)論文賞(2001年3月): 受賞論文:Bull. Chem. Soc. Jpn., 73, 1955-1965 (2000). 
6) 日本科学技術情報センター 丹羽賞・学術賞(1988年4月)
「化学研究における情報管理および設計支援システムの開発」
受講料(税込)
各種割引特典
27,500円 ( S&T会員受講料 26,070円 ) S&T会員登録について
定価:本体25,000円+税2,500円
会員:本体23,700円+税2,370円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で27,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額13,750円)
※他の割引は併用できません。
備考※資料付 (※Live受講の方には開催1週間前頃に発送予定ですのでお早めにお申し込みください。)
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
【Live配信対応セミナー】
 ※お申し込み画面では、【会場受講】または【Live配信】のいずれかをご選択いただけます。
 ※【Live配信】の申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までですが、事前にテキストを郵送
  しますので、お早めにお申し込みください。間に合わない場合は後日着となります。

【Live配信セミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
 ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
 ・当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・開催当日、S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料は事前に印刷・郵送いたしますので、なるべくお早めにお申込みください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 
【Live配信セミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  動画視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
     ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
      なお、案内希望チェックがない場合、会員価格(5%OFF)は適用できません。
      【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下のサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 
   ≫ テスト視聴サイト【ストリーミング(HLS)を確認】  ≫ 視聴環境

セミナー趣旨

 高分子材料の物性はプロセス条件によって変化する。この意味で高分子設計を行う際に、プロセス情報を取り込んだモデルを構築し、それを逆解析することが重要となってくる。これは「何を作るか」を考える際に「どう作るか」を考えることにつながる。さらに「どう作るか」の先には、品質管理を念頭に置いた生産がある。この生産時の品質管理までつなぐことで材料設計とプロセス管理が完結する。これをプロセスインフォマティックスとして提唱している。プロセスインフォマティクスを構成するにあたって必要となるデータ解析の姿を紹介する。

セミナー講演内容

<得られる知識、技術>
化学データの見方、解析の実際、様々な機械学習法の特徴

<プログラム>
1.はじめに
 1.1 データ解析の基礎
 1.2 扱うデータの特性を把握する
  (1)主成分分析
  (2)回帰分析の基礎

2.ケモインフォマティクスとは
 2.1 データのモデル化法について
 2.2 モデルの逆解析について

3.分子設計の事例紹介
 3.1 医薬品分子設計
  (1)化学空間の可視化による構造探索
  (2)タンパクと化合物の相互作用空間の可視化と構造探索

4.ポリマーアロイを題材とした有機材料の設計
 4.1 輝度向上性フィルムの成分組成とプロセス条件の最適化
 4.2 PPを主体として輸液用パックの開発
 4.3 共重合ポリマーの設計
   ・構造の記述子化について

5.触媒設計についての事例紹介

6.ケモインフォマティクスを進めるにあたっての環境、データフォーマット、ツールについて

7.少ない実験データから出発して少ない実験回数で目的物性を実現させるには

8.ソフトセンサー

 8.1 化学プラントの監視のためのソフトセンサー
  (1)ソフトセンサーの構築法
  (2)ソフトセンサーの劣化
  (3)適応型ソフトセンサーの開発
 8.2 ソフトセンサーを用いた制御

9.プロセス・インフォマティクス
  ・材料設計・プロセス設計・品質管理と制御の連動
 
  □質疑応答・名刺交換□
  (※ 会場受講者・・・質疑応答&名刺交換が可能です。講師メールに質問可能です。)
  (※ Live受講者・・・チャット機能で質疑応答が可能です。講師メールに質問可能です。)