セミナー 印刷
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【LIVE配信セミナー】
シランカップリング処理をうまく使いこなすためのポイント

~処理層の構造、界面・表面の反応状態、処理効果の評価、特性への効果~

理想的な表面・界面と実際の表面・界面とは何が違うのか・・・
シランカップリング剤の構造・反応機構など基礎知識から実務において効果的にシランカップリング剤を
使いこなすためのポイントを解説します!
日時 2020年8月25日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
  35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
   定価:本体32,000円+税3,200円
   会員:本体30,400円+税3,040円
 ※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
 ※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
 ※他の割引は併用できません。
配布資料・製本テキスト(開催前日着までを目安に発送)
  ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。
  ※開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、
   開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識シランカップリング剤による表面・界面設計の考え方
【ZoomによるLive配信】
  ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURLが記されております。
  「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

  ・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  ・リアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。

セミナー講師

大阪工業大学 工学部 応用化学科 特任教授 中村 吉伸 氏
【専門】高分子化学、高分子物性、高分子系複合材料、接着、粘着

セミナー趣旨

 本講座は、シランカップリング剤の反応過程おける処理層の構造、表面被覆状態、反応進行の解析および特性への効果等を見いだし、表面・界面で何が起きてるのかを知ることで、より効果的・効率的な表面処理を行うことを目的にします。

セミナー講演内容

1.シランカップリング剤の反応
 1.1 加水分解反応
 1.2 重縮合反応のコントロールが最重要
   ~重縮合体の悪影響~
   ~pHや分子構造の影響~
   ~AFMで見た処理層~
 1.3 無機表面との反応~表面の影響
   ~反応性に影響する因子~
 
2.シランカップリング剤による処理層と界面をいかに知るか?
 2.1 ヘアー構造,ネットワーク構造をつくる
 2.2 パルスNMRによる処理層の構造解析
   ~パルスNMRとは~
   ~どこまで構造解析が可能か~
 2.3 TG分析による処理層の構造解析
   ~一回のTG分析でここまで処理層がわかる~
 2.4 さまざまなキャラクタリゼーション手法
 2.5 TGで付着状態がここまでわかる
 2.6 化学吸着率を増やすためには
 
3.シランカップリング剤と複合材料
 3.1 界面はいかに強化されるか?
   ~絡み合いやIPNの効果~
 3.2 SP値で考える界面
   ~SPを考慮して反応性を高めるためには~
 3.3 前処理法(湿式法,乾式法)とインテグラルブレンド法
   ~両法の界面でのシランカップリング剤は~
 3.4 インテグラルブレンド法 
   ~実はすごい~
 
4.最新のトピックス
 4.1 シリカ粒子充てんエポキシ樹脂の吸水特性,強度改善効果を発現するための意外な因子
   ~インテグラルブレンド法はやはりすごい~
 4.2 長鎖フルオロカーボンシランカップリング剤の高化学吸着率の理由
 4.3 炭酸カルシウムも補強性フィラーに使える
 4.4 シランオリゴマーの活用は有用

  □質疑応答・名刺交換□