セミナー 印刷

【Live配信】
自動車用接着剤の要求特性と設計・評価技術

~マルチマテリアルの現状~
~エポキシ接着剤の設計法~
~自動車用接着剤の評価方法~
~接着剤を使用する際の注意~

軽量化に対応したマルチマテリアルというトレンドの現状

自動車用接着剤を開発し、実用化するために
異種材接着に対応する車体用接着剤、制御系の電子化に伴う電子部品用封止剤の
2つに主眼を置きアプローチする

自動車構造の変革、進化に対応できる接着剤とその技術とは

接着剤の必要特性、使用の際の留意点、不良発生事例、、、
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2020年7月28日(火)  10:30~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
オンライン配信【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】

 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
  「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料は事前にお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。
 ・開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、
   ご了承下さい。

 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考※資料付 (郵送します)
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
得られる知識・マルチマテリアルの現状
・エポキシ接着剤の設計法
・自動車用接着剤の評価方法
・接着剤を使用する際の注意
対象・自動車向け材料の使用者
・自動車向け材料の開発者
キーワード:マルチマテリアル,自動車,接着剤,封止材

セミナー講師

NBリサーチ 代表 野村 和宏 氏 ※元ナガセケムテックス(株)
【講師紹介】

セミナー趣旨

 自動車接着剤のニーズが高まっている背景には燃費、排ガスの規制と安全性に対する対応があります。本講義では軽量化に対応したマルチマテリアルというトレンドの現状と異種材接着に対応するための車体用接着剤と制御系の電子化に伴う電子部品用封止剤の2つに主眼を置きその設計手法、使用法、評価法について説明します。今回はエポキシ系接着を例として説明しますが基本的な考え方は他の系の接着剤も応用できるはずです。

セミナー講演内容

1.自動車材料の変革
 1.1 自動車に対する様々な規制
  1.1.1 燃費、排ガス対応の現状
  1.1.2 車体軽量化への対応
  1.1.3 安全性に対する対応
  1.1.4 自動運転に向けての電子化
 1.2 自動車用材料の変革
  1.2.1 自動車業界におけるマルチマテリアルの現状
  1.2.2 金属の最新開発動向
  1.2.3 CFRPの最新開発動向
 1.3  新材料に接合はどう対応するのか
  1.3.1 機械的締結
  1.3.2 成形による接合
  1.3.3 接着剤による接合

2.自動車構造接着剤の最新情報
 2.1  構造接着剤の適用例
  2.1.1 ヘミング接着
  2.1.2 マスチック接着
  2.1.3 ダイレクトグレージング
  2.1.4 ウエルドボンディング
 2.2 自動車構造接着剤の要求特性
 2.3 構造接着剤の種類
  2.3.1 エポキシ樹脂以外(SGA、ウレタン、変性シリコン)
  2.3.2 エポキシ構造接着剤の設計
   2.3.2.1エポキシ樹脂の種類
   2.3.2.2 硬化剤の種類
   2.3.2.3 その他の必要な添加剤

3.カーエレクトロニクス用接着剤の最新情報(エポキシ樹脂)
 3.1 自動運転に対応するために必要な技術
 3.2 カーエレクトロニクス用接着剤の適用例と要求特性
  3.2.1 電装部品用接着剤
  3.2.2 コイル注型用樹脂
  3.2.3 モジュール封止剤
  3.2.4 モーターマグネット接着
  3.2.5 ヒートシンク接着用接着剤
 3.2 電子部品用接着剤の適用例と要求特性
  3.2.1 ワイヤーボンディングパッケージ
   3.2.1.1 チップ封止材料
   3.2.1.2 ダイボンディング剤
  3.2.2 フリップチップパッケージ
   3.2.2.1 アンダーフィル剤
   3.2.2.2 NCF/NCP(ノンコンダクティブフィルム/ペースト)
   3.2.2.3 ACF/ACP(アニソトロピックコンダクティブフィルム/ペースト)

4.自動車用接着剤の使い方と評価
 4.1 接着の理論
 4.2 接着剤の選定のポイント
 4.3 接着の作業手順
  4.3.1 保管、塗布、硬化はそれで大丈夫?
  4.3.2 被着体の表面状態、形状は最適か?
   4.3.2.1 表面処理法と評価法
 4.4 接着剤の評価法
  4.4.1 粘性評価
  4.4.2 強度評価
  4.4.3 応力評価
  4.4.4 環境試験
  4.4.5 界面分析

  □質疑応答□