セミナー 印刷

ダイ塗布プロセスの欠陥メカニズム・課題と対策

~代表的な8種の塗布欠陥の発生メカニズムと対策・対応力を養う~
リビング・空気同伴・レベリング・段ムラ・風ムラ・ウィーピングとリブレット・スジ・ハジキ

このセミナーは【会場での受講】の他に、【Live配信】でのご受講が可能です。
※Live配信セミナーは、自宅やオフィスからWebにて受講いただけます。またテキストは事前に郵送いたします。
★ ダイ塗布は操作できる塗工条件に制約があり、それを越えると欠陥を生じます。
★ ダイコーティングにおける代表的な塗布欠陥を理解し、対策をできるようにしよう!
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2020年7月13日(月)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第3講習室
会場地図
講師 元・富士フイルム(株) フェロー 宮本 公明 氏
【略歴】

富士フイルム(株) 足柄工場に入社配属 ミネソタ大学に留学(空気同伴現象の理論解析)
富士フイルム(株) 生産技術部、 アメリカ工場 駐在
富士フイルム(株) 先端研究所 フェロー、上席化学工学技師
※40年に渡り、塗布の基礎研究/開発研究と種々の材料の塗布の実務に従事
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
 定価:本体32,000円+税3,200円
 会員:本体30,400円+税3,040円
1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
【Live配信対応セミナー】
 ※お申し込み画面では、【会場受講】または【Live配信】のいずれかをご選択いただけます。
 ※【Live配信】の申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までですが、事前にテキストを郵送
  しますので、お早めにお申し込みください。間に合わない場合は後日着となります。

【Live配信セミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
 ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
 ・当日のセミナーを、リアルタイムでお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・開催当日、S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料は事前に印刷・郵送いたしますので、なるべくお早めにお申込みください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 
【Live配信セミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
(1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
  動画視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
  会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
     ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
      なお、案内希望チェックがない場合、会員価格(5%OFF)は適用できません。
      【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
(2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
  セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
  以下のサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 
   ≫ テスト視聴サイト【ストリーミング(HLS)を確認】  ≫ 視聴環境

セミナー趣旨

 近年ダイを用いた塗布は、塗工精度や繰り返し安定性に優れ、全量塗布できることなどからポピュラーになってきている。しかしながら、ダイ塗布では操作できる塗工条件に制約がありそれを越えると欠陥を生じる。
 このような塗布現象を理解するためには、粘度、表面張力、分子間力(濡れ性)といった塗布液物性の意味を理解することと、ダイから気液接触点までの簡単な流動モデルを理解することが必要である。
 また、基礎的な知見を実務上極めて重要な欠陥対策に活かすことにより、ダイ塗布のみならずロール塗布、ブレード塗布などにも共通する塗布欠陥を発生メカニズムに基づいて対応できるアプローチを提供する。

セミナー講演内容

<得られる知識・技術>
※ 塗布液物性の意味、効果と測定法の基礎知識を得られます。
※ ダイ塗布の特徴やスロット、スライド、カーテン塗布の最大/最小塗布量の計算方法と発現メカニズムを理解できます。
※ ダイ塗布を応用した粒子分散物塗膜の構造形成や親水撥水パターニングによるパターン形成の例を紹介することで、実際の現象のメカニズムをどのように解析していき、どのような知見を得たかを例示します。
※ 代表的な8種の塗布欠陥カテゴリーについて発生メカニズムと対策例から類似のトラブルへの対応力を養うことができます。

<プログラム>
1.塗布って何だろう
  ~定義に則した関連する塗布液物性

2.種々の塗布方式の歴史から見た塗布機の要素機能とダイ塗布の優位性
  ~時代と共に機能が分化してダイ塗布にたどり着いた 

3.ダイ塗布の特徴は塗布量定量性
  ~種々の塗布方式の比較とダイ塗布の基本

4.粘度の定義は剪断応力の比例定数だけではない!
  ~粘度、非ニュートン性の塗布に現れる意味と測定方法

5.表面張力の定義は液面の張力だけではない!
  ~表面張力やその動的値の意味と測定方法

6.分子間力が濡れ性を決める
  ~分散力成分の測定と固液の接触角の推算

7.種々のダイ塗布方式は一つのファミリーだが・・・

8.種々のダイ塗布の限界塗布量を決めるメカニズムは異なる
  ~スロット塗布、スライド塗布、カーテン塗布の最大、最小塗布膜厚

9.ダイ塗布方式には3種類しか存在しないことが証明できる!

10.機能性材料では粒子の好ましい配向制御が必要!
   ~塗布後の粒子の構造形成のメカニズム

11.親疎水パターニングでは分子間力の差が問題
   ~分子間力が液をはじくメカニズム

12.塗布欠陥の対策は、差別点による特徴付けから!

13.欠陥対策は主原因を取り除くことだけではない!

14.リビング
   ~ほとんど全ての塗布方式で発生する!~

15.空気同伴
   ~全ての高速塗布での最大の問題~

16.レベリング
   ~支持体の凹凸が解消できなければ! 

17.段ムラ
   ~原因はさまざま!~

18.風ムラ
   ~要因効果に着目!~

19.ウィーピングとリブレット

20.スジ
   ~発生箇所もさまざま!~

21.ハジキ
   ~分子間力の仕業ではあるが・・・


  □質疑応答・名刺交換□​