セミナー 印刷

【Live配信(リアルタイム配信)】
レオロジーを特許・権利化するための
基礎科学、測定技術、データ解釈

~そのレオロジーデータ、特許として権利化できるかもしれません~

■材料のレオロジー物性を的確に評価する粘度・粘弾性測定のノウハウ■
■粘弾性的現象論と構造論的メカニズムを関係づける解釈方法■
■レオロジーデータから特許として有効な技術的特性値を抽出するコツ■

本セミナーは、【Live配信】のみでの開催となりました。(6月24日 更新)
(会場参加はございません。)
既存の材料であってもレオロジーそのものが特許になる可能性がある

レオロジーの特許化を基礎科学&応用技術の観点からわかりやすく解説

権利化に向けて機能と数値範囲との関係を定量的に説明するには

レオロジー量の権利化、パラメータ特許取得の留意点
日時 2020年7月29日(水)  13:00~16:30
会場 Live配信セミナー(リアルタイム配信) ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
 1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )
35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 

  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円)
ライブ配信【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】

 ・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 ・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
  「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
 ・セミナー資料は事前にお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。
 ・開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、
   ご了承下さい。

 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
備考資料付(郵送)
※録画・録音・撮影は固く禁じます
得られる知識◯材料のレオロジー物性を的確に評価するための粘度および粘弾性測定に関するノウハウが習得できるようになります。
◯粘弾性的現象論と構造論的メカニズムとを関係づけて解釈する基礎がわかるようになります。
◯レオロジーデータから特許として有効な技術的特性値を抽出するためのコツが掴めるようになります。
キーワード:パラメータ特許、数値限定発明、非ニュートン流動、チクソ性、動的粘弾性、降伏応力、B型粘度計、ガラス転移、凝集分散系

セミナー講師

千葉大学名誉教授 工学博士 大坪 泰文 氏
【講師紹介】

セミナー趣旨

 新材料の発明に際して特許を申請するとき、その請求項としては構造あるいは組成が主であり、物性はそれに付随するものとして取り扱われるのが普通です。しかし、ある機能を実現するためにレオロジー的性質が極めて重要で本質的である場合、既存の材料であってもレオロジー量やレオロジー式が特許として権利化されることがあります。技術的対象を特定するために数値範囲を規定した特許はパラメータ特許と呼ばれていますが、権利化のためには機能と数値範囲との関係を定量的に説明できることが要件となります。
 本セミナーでは、レオロジー数値を特許とするために必要な基礎科学、測定技術、データ解釈について経験を交えてわかりやすく解説します。

セミナー講演内容

1.パラメータ特許の概要

2.粘度および粘度曲線の特許化

 2.1 粘度挙動の基礎
  1) せん断流動場とせん断速度
  2) 定常せん断粘度の定義
  3) 非ニュートン流動(擬塑性流動とダイラタント流動)
  4) 流動曲線と流動パターン
  5) 降伏応力
  6) チクソトロピー
  7) 履歴現象と平衡流動曲線
  8) 技術用語「チクソ性」のあいまいさ
 2.2 粘性挙動とメカニズムとの関係
  1) 高分子の分子運動と分子形態
  2) 低濃度高分子溶液のゼロせん断粘度と分子量
  3) 高分子鎖の絡み合い
  4) 高濃度高分子溶液の非ニュートン流動
  5) 微粒子分散系のおける粒子間相互作用と凝集
  6) 凝集分散系の非ニュートン流動
 2.3 粘度測定における問題点
  1) 二重円筒型粘度計におけるせん断速度の不均一性
  2) B型粘度計における粘度測定
  3) JISに規定されている粘度測定の特徴
 2.4 粘度挙動に関する特許の例
  1) 粘度値による特許
  2) 流動曲線による特許
 2.5 粘度特許の解釈と技術的あいまいさ
 2.6 特性値としての降伏応力決定法の例

3.動的粘弾性値の特許化
 3.1 粘弾性の基礎
  1) 弾性と粘性の基礎
  2) マックスウェルモデルと応力緩和
  3) フォークトモデルと遅延弾性
  4) 正弦振動ひずみと正弦振動応力
  5) 動的粘弾性(複素弾性率)の定義
  6) 動的粘弾性曲線の特徴
  7) 動的粘弾性曲線による固体と液体の判別
 3.2 動的粘弾性とメカニズムとの関係
  1) 高分子の分子運動と温度
  2) ミクロブラウン運動とガラス転移
  3) 無定形高分子における時間―温度換算則
  4) シフトファクターの温度依存性
  5) 高分子の粘弾性挙動と分子量
  6) 高分子における高次構造性と粘弾性
  7) 分散系における微粒子の凝集と三次元網目構造の形成
  8) 凝集分散系の線形領域における動的粘弾性曲線
  9) 凝集分散系の非線形粘弾性
 3.3 粘弾性に関する特許の例
  1) 線形粘弾性値に関する特許
  2) 非線形粘弾性値に関する特許
 3.4 粘弾性特許の解釈と技術的あいまいさ
 3.5 粘弾性値によるプロセスの特許化

4.規格とレオロジー
 4.1 粘度の規格基準
 4.2 規格基準のあいまいさ

5.パラメータ特許取得に係る経験と留意点
 5.1 米国特許取得の経験談
 5.2 学術論文と特許

  □質疑応答□