セミナー 印刷

製造・生産現場におけるクリーン化ノウハウ&異物対策

~数μmから数mm程度の微細な異物を対策するクリーン化技術&ノウハウ~

★ クリーンルームは無いが、微細な異物の影響を減らしたい方へ。
★ クリーンルームはあるが異物対策をもう一歩進めたい方へ。掃除の仕方や道具を知りたい方へ。
★ クリーン化活動を継続・定着させたい方へ。 一歩進んだ社員教育・研修に!
日時 2020年7月28日(火)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第2特別講習室
会場地図
講師 熊田技術士事務所 代表 熊田 成人 氏 【元・(株)日立製作所】
【主な経歴・活動】
北海道大学 工学部 修士(機械工学)、(株)日立製作所及びその関連会社にて半導体製造現場の生産性向上・異物対策・歩留・品質向上等を担当。強い現場づくりを目指し、クリーン化活動・改善活動・小集団活動などを推進。退職後、技術士(経営工学)としてセミナー講師・コンサルタント・千葉大工学部や日大生産工学部の非常勤講師を行っている。
【専門】
経営工学(生産マネジメント)、異物対策(クリーン化)、QMS構築(ISO9001) 、5S・ムダ取り・生産改革など。
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円)
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー趣旨

 異物対策は、ともすれば5Sの延長と考えられがちである。しかしながら、異物が微細になると、通常のゴミとは挙動が大きく異なるため、微細異物の対策にはそれなりの知識と技術が必要となる。
 本講では、目に見えない程度の異物を対策する活動について、活動を実践する立場から、種々の事例を基に具体的な活動のポイントを説明する。クリーンルームは無いが、微細な異物の影響を減らしたい。クリーンルームはあるが異物対策をもう一歩進めたい。掃除の仕方や道具を知りたい。クリーン化活動を継続・定着させたい・・・と言った方々に、現場レベルで行う「金を掛けずに知恵を出す」活動について紹介する。講師のこれまでの経験で得た具体的な事例がお役に立てば幸いである。

セミナー講演内容

<得られる知識、技術>
・微細な異物の特徴と挙動に対する知識
・数μmから数mm程度の微細な異物を対策するクリーン化技術の基礎と具体的な注意事項、ノウハウなど。
・クリーン化活動を継続・定着させるための組織的な活動法

<プログラム>
1.日本の製造業を取り巻く環境とクリーン化の必要性

2.クリーン化技術の基礎
 2.1 5Sの影響
 2.2 微細な異物の動きに影響を与えるもの
 2.3 どの程度の気流で金属異物は動くか
 2.4 クリーン度の規格とは
 2.5 クリーン化のためのキーワード”クリーン化四原則”

3.クリーン化の為の設備・装置・備品と取り扱いのポイント
 3.1 クリーンルーム・クリーンエリアの目的と構造
 3.2 クリーンルームを構成する部材と取り扱いのポイント
 3.3 クリーンルーム内に設置する設備、装置の取り扱い
 3.4 静電気対策
 3.5 異物の可視化
 3.6 清掃の活動と清掃の為の道具
 3.7 人の行動と人にまつわる用品

4.クリーンルームを使わないクリーン化

5.クリーン化対策実践事例

6.クリーン化活動の継続と更なる発展のために
 6.1 顧客の厳しい”ダメ”出しから始まった
 6.2 組織
 6.3 5S・改善・小集団活動との結びつき
 6.4 知恵だしのプロセス
 6.5 定着化

7.まとめ

 
  □質疑応答・名刺交換□