セミナー 印刷
2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー 【Live配信セミナー(Zoom使用)】 ※会社・自宅にいながら学習可能です※

【Live配信】
マイクロバイオームの最新市場動向

~市場・技術・企業動向から、応用展開、マーケティング倫理まで~

本セミナーは、【Live配信】のみでの開催です(会場参加はございません)
◎今後の成長が予想されるマイクロバイオーム市場。
◎初期の疾患特定・検査、新たな治療法創出、創薬、健康商品など、幅広いプロダクトへの応用が期待されています。
◎培養、ハイスループットスクリーニング、オミックス情報活用などの技術的なニーズにも関心が高まります。
▼本セミナーでは本分野の市場動向、スタートアップ企業動向、技術、応用展開まで幅広く解説します▼
日時 2020年7月28日(火)  13:00~16:30
会場 Webセミナー ※会社・自宅にいながら学習可能です※  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
※【テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
  1名申込みの場合:受講料( 定価:35,200円/S&T会員 33,440円 )

  35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 )
  定価:本体32,000円+税3,200円
  会員:本体30,400円+税3,040円
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※お申込みフォームで【テレワーク応援キャンペーン】を選択のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円)
特典
 
ライブ配信【ライブ配信対応セミナー】
 ・ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーです。
 ・お申込み受理の連絡メールに視聴用URLを記載しております。
  お手数ですが予め「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。

 ・セミナー開催日時に、視聴サイトにアクセスしご受講ください。
 ・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
 ・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
 ・セミナー資料は開催日までにPDFデータで提供いたします。
備考※資料付

セミナー講師

沖為工作室合同会社 CEO 沖本 真也 氏

セミナー趣旨

 マイクロバイオーム (微生物群ゲノム情報) 研究の進展により、多くの疾患や健康状態の変化がマイクロバイオームの変容に関連していることが示されてきています。このため診断・分析・検査や、治療薬、健康食品の開発などへと応用研究が進められています。

 一方、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大は臨床試験の大幅な遅れと投資活動の停滞などを招き、開発の継続性に関わるリスクを高める要因となり、マイクロバイオーム治療薬市場へ大きな打撃を与えました。しかし、COVID-19問題によって人々の健康への関心が高まるとともに、自社の戦略をCOVID-19感染症と戦うための開発と位置付け、強力な免疫応答を可能にする製品の投入を目指し、臨床試験を開始する企業も現れています。また診断や診断機器のコストは中国勢の台頭で低下していくことが予想されますが、中国を中心に人口が多い国の市場は今後大きく伸びると予想されます。

 本WEBセミナーでは、マイクロバイオーム市場に関わるスタートアップ企業の取り組みをメインに取り上げ、さらに市場規模から技術動向、シーケンシング、健康食品への応用、マーケティング倫理についてまで、幅広く発表します。

セミナー講演内容

1. マイクロバイオーム市場トレンド
  1.1 マイクロバイオームとは
  1.2 マイクロバイオームと新型コロナウイルス(COVID-19)
  1.3 マイクロバイオームとシーケンシング
  1.4 Fecal Microbiota Transplantation

2. マイクロバイオームアプリケーション
  2.1 治療
  2.2 診断・分析
  2.3 健康食品
  2.4 その他

3. サプライチェーン
  3.1 マイクロバイオーム産業セグメント
  3.2 糞便バンクとマイクロバイオーム
  3.3 細菌回収カプセル

4. 競争環境分析
  4.1 主な市場参入企業の財務分析
  4.2 競合リーダーシップマッピング

5. 市場規模予測
  5.1 疾患別、地域別
  5.2 プロバイオティクス、プレバイオティクス

6. マイクロバイオームとマーケティング戦略
  6.1 アフターコロナ―でますます高まる健康への関心
  6.2 なぜマイクロバイオームでなければならないのか

7. 結論

□ 質疑応答 □

※発表は過去の発表の焼き増しではなく、最新情報を取り込んで構成しています。