セミナー

断熱材料の利用/開発の肝心要
断熱材料の伝熱機構・熱物性を学ぶ

分かりづらい熱伝導、対流伝熱、ふく射伝熱と実際例の関連性を基礎から解説
断熱材の熱伝導率制御、測定方法、開発トレンドも

本セミナーは都合により中止となりました(6/22 14:00更新)
伝熱の基礎 ―熱伝導、対流伝熱、ふく射伝熱― から断熱材の伝熱機構や熱物性の制御手法まで
断熱材を利用/開発するために必要な知識を丁寧に解説します
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2020年6月30日(火)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  6階 中会議室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円) 
備考資料・昼食付
得られる知識・伝熱の基礎(伝導,対流,ふく射)と実際の現象例との関連性が理解できる
・種々の材料内部の伝熱機構の基礎が理解できる
・省エネのための基本としてどんな現象が大事なのかを理解できる
対象【講師より】
工学の基礎知識があることが望ましいですが、式の部分をできるだけ簡素に解説しますので、現場で多少の経験があれば大丈夫だと思われます。

セミナー趣旨

 セミナー前半では断熱材内部の伝熱機構を考えるための基礎として、熱伝導、対流伝熱、ふく射伝熱などについての基本をできるだけ簡単な表現と図解表現を加えて解説するとともに、講師が経験した実験作業や日頃経験する実例などと、これらの伝熱機構(伝導、対流、ふく射)の関連性を解説する。そして、これら伝熱機構の中で重要な役割をなす物性値とそれらの物理的意義を解説し、これらの物性値と実際の現象との関連性についての理解を深める。
 セミナー後半では、断熱材内部の伝熱機構を基礎的事項の応用として紹介し、これらの基礎事項を断熱材の構造によってどのように考慮し、どんな点に 注意する必要があるのか解説を加えるとともに、前半の基礎的知識を活かして断熱材の熱物性値を推定するための計算モデルを視覚的にわかりやすい形で紹介する。さらに熱物性の制御についても言及する。

セミナー講演内容

1.はじめに
 
2.実際例から理解する基本的伝熱機構
 2.1 伝導の基礎と実際例など
 2.2 対流の基礎と実際例など
 2.3 ふく射の基礎と実際例など
 
3.伝熱において重要な熱物性値いろいろ
 
4.熱物性と緒現象との関わり
 
5.多孔質断熱材の伝熱機構
 5.1 熱伝導率の推算,計算モデル
 5.2 ふく射伝熱機構とその影響・制御
 
6.多層断熱材
 6.1 簡易実験法と計算モデル
 6.2 ふく射伝熱機構とその影響・制御
 6.2 計算モデルの応用(表面物性,内部温度分布の推測など)
 
7.機能性断熱材に関する考察と提案
 
8.まとめ

□ 質疑応答 □