セミナー 印刷

仮想成立特許発明アプローチによる侵害予防調査法

特許性の判断と侵害予防調査の同時進行で特許業務を効率化

講師独自の侵害予防調査手法-特許性があると考えられる発明を想定して調査する-について徹底解説
日時 2020年6月24日(水)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第3講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円)
備考資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

セミナー趣旨

 皆さんは、侵害予防調査をどのように実施されていますか?
 侵害予防調査は、御社に致命的な損害を与えないために細心の注意を払って実施する必要があります。たった一つの「もれ」が御社を窮地に追い込む危険があります。
 本講座は、講師独自の確実かつ効率的な「仮想成立特許発明アプローチによる侵害予防調査法」を講義します。この方法は、特許性があると考えられる発明を想定して調査を進める方法です。 結果として、侵害予防調査に加え、特許性調査を一度に行うことができます。プラスチック製造業での事例に基づき、具体的なアプローチを講義します。

セミナー講演内容

1.特許制度のおさらい

2.侵害予防調査時の考え方 ~通常のイ号アプローチとは~

3.構成要件と発明特定事項 ~特許請求の範囲の読み方のツール~

4.侵害予防調査

 4.1 構成ごとに分説
 4.2 対比
 4.3 対比表の作成

5.仮想成立特許発明アプローチ
 5.1 探す対象
 5.2 侵害調査
 5.3 特許性調査
 5.4 調査のやめ時は?

6.プラスチック製造業の事例
 6.1 フェノール架橋系オレフィン系TPV
 6.2 LLDPE+有機過酸化物系
 6.3 非架橋系スチレン系熱可塑性エラストマー組成物
 6.4 スチレン系エラストマー有機過酸化物架橋系製造方法
 6.5 複合成形体
 6.6 極性樹脂との接着

□ 質疑応答 □