セミナー 印刷

【Webセミナー対応】
インクジェット技術の今が分かる技術総論

広がる応⽤分野への適⽤に⽴ちはだかる現状・課題・展望を⼀⽇速習

このセミナーは【会場での受講】の他に、【WEBセミナー(アーカイブ:撮影した動画)】でのご受講が可能です。
※WEBセミナーは、セミナー終了10日後を目途に、10日間・動画をご視聴いただけます。
 ヘッド・インク・メディア・画像形成といった技術的概要から、インクジェットの市場・産業応⽤における課題や展望まで、⾼速化・⾼画質化が進み、適⽤分野も広がるインクジェットの技術を基礎から幅広く学びます。
日時 2020年5月14日(木)  10:00~17:00
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  6F 中会議室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 46,970円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,700円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
備考※資料付、会場受講の場合のみ昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
対象◇これからインクジェット技術に従事しようとしている方
◇インクジェットに携わっているが系統的に基礎から学びたい初心者の方
WEBセミナー区分WEBセミナー対象
【WEBセミナー:アーカイブ受講対応セミナー】
 ※お申込み画面では、【会場受講】または【WEBセミナー】のいずれかをご選択いただけます。
 ※【WEBセミナー】の申込み受付の締切日も、会場受講のセミナー開催日までです。ご注意ください。​

【WEBセミナー】をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
 ※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。
 ・当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
 ・後日(開催終了後から10日以内を目途)に、メールにてご連絡申し上げます。
 ・S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
 ・視聴期間は10日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
 ・セミナー資料は印刷・郵送いたします。
 ・このセミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。(テキストに講師の連絡先を掲載)
【WEBセミナー】をご希望の方は、下記受講条件をご確認ください。
 (1)S&T会員登録が必須になります(マイページ機能を利用するため)
   映像視聴、各種データのダウンロードなどにS&T会員マイページ機能(無料)を利用します。
   会員情報のご登録は、セミナー申込み時、または ≫こちら よりお手続きいただけます。
   ※弊社案内(E-Mail,DM)を希望されない方はS&T 会員登録の際、案内方法欄のチェックを外してください。
    なお、案内希望チェックがない場合、会員価格(5%OFF)は適用できません。
  【会員価格5%OFFは、受講者全員がE-MailまたはDM案内希望の場合のみ適用】
 (2)動画視聴・インターネット環境をご確認ください
   セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
   以下のサンプル動画が閲覧できるかを事前にご確認いただいたうえで、お申し込みください。 

   ≫ テスト視聴サイト【ストリーミング(HLS)を確認】 ≫ 視聴環境

セミナー講師

富士ゼロックス株式会社 研究技術開発本部 TDC 研究主席 藤井 雅彦 氏 【講師詳細】
【専門】インクジェット,インクジェット応用,3Dプリンタ,3Dデータ,標準化 【Web】inkcube.org
日本画像学会理事,インクジェット技術部会主査,技術委員会副委員長,国際交流委員会委員長,4DFF研究会運営委員長
IS&T(Society for Imaging Science and Technology) Vice President,NIP General Chair(2015)
慶応義塾大学SFC研究所上席所員,inkcube.org代表,ISO/TC261 WG4委員
Johann Gutenberg賞受賞(2019),日本画像学会会長特賞受賞(2020)

セミナー趣旨

 これからインクジェット技術に従事しようとしている方,インクジェットに携わっているが系統的に基礎から学びたい初心者の方のために,インクジェット技術の基礎から応用まで幅広く,わかりやすく解説します.また様々な応用領域にインクジェット技術(システム)の適用を考えている方のために,適用時の課題や対応策の一例を紹介します.
 最初にインク吐出方式に基づく方式の分類と,それぞれの特徴,得意な応用分野を説明します.次にインクジェットを用いたシステム(プリンタ)の概要,各種システムに必須であるメンテナンスやインク供給などのシステム技術を説明します.さらにインクジェットにおける重要な要素技術であるプリントヘッド,インク・メディア,ドット配置などの画像形成技術についてそれぞれ説明します.その後,インクジェットの今後の展望について,特に技術的課題とそのアプローチについて説明します.また,広がりを見せるインクジェット技術の応用における課題と対応策についてもお話しします.

セミナー講演内容

第1章 インクジェット方式の分類と特徴
 1.1. インクジェットの定義と特徴
 1.2. インクジェット方式の分類と各方式の特徴
 1.3. オンデマンド型と連続噴射型
 1.4. 連続噴射型 (荷電偏向制御型)
 1.5. 新しい連続噴射型 (Stream,UltraStream)
 1.6. サーマルインクジェット方式 (バブルジェット)
 1.7. ピエゾインクジェット方式
 1.8. サーマルインクジェットとピエゾインクジェットの比較
 1.9. その他のオンデマンド型
 1.10. プロセスに特徴がある方式
 1.11. 連続噴射型とオンデマンド型の比較

第2章 インクジェットプリンタシステム技術
 2.1. システム基本構成
 2.2. シリアルプリンタのメカニカル動作
 2.3. シリアルプリンタの用紙搬送パス
 2.4. インク供給方式と背圧制御
 2.5. メンテナンス基本動作と実施タイミング
 2.6. 欠陥検出手段
 2.7. インク循環と脱気システム
 2.8. シリアルプリンタとラインプリンタ
 2.9. ラインプリンタの市場におけるポジショニング
 2.10. ラインプリンタの構成例と課題対応

第3章 プリントヘッド技術
 3.1. サーマルインクジェット
  3.1.1. 吐出原理
  3.1.2. 駆動方法 (駆動波形)
  3.1.3. プリントヘッドの基本構成
 3.2. ピエゾインクジェット 
  3.2.1. 基本動作原理
  3.2.3. 駆動方法 (駆動波形)
  3.2.4. プリントヘッドの基本構成
  3.2.5. 薄膜ピエゾ
 3.3. メニスカス振動と周波数特性
 3.4. プリントヘッド噴射特性の変動要因と対応
 3.5. 吐出インク範囲と課題
 3.6. プリントヘッド開発会社


第4章 インク・メディア技術
 4.1. 水性インクの基本組成
 4.2. インクに求められる特性と物性
 4.3. インクの分類 
  4.3.1. 溶媒による分類と特徴
  4.3.2. 浸透性による分類と特徴
  4.3.3. 色材による分類と特徴
 4.4. UV硬化型インク、ソルベントインク
 4.5. 水性熱硬化型インク (ラテックスインク)
 4.6. 反応を利用した画質と乾燥性の両立アプローチ
 4.7. 白インク,メタリックインク,MICR
 4.8. メディアの分類
 4.9. カールとコックリング
 4.10. 紙の目

第5章 画像形成技術
 5.1. 画質上の問題と改善技術
 5.2. 画像処理プロセス
 5.3. 色変換(DLUT)
 5.4. ハーフトーン処理 (2値化)
 5.5. マルチパスプリント (分割プリント)
 5.6. その他形成技術例
 5.7. プリンタドライバと画像処理
 5.8. 欠陥補正技術(サーマルとピエゾ)

第6章 インクジェット技術、今後の展望
 6.1. 高画質化
 6.2. 高速化とSpeed Factor
 6.3. 基本性能による市場分類
 6.4. 商業印刷市場への展開と課題
  6.4.1. 課題と対応
 6.5. インクジェットの応用市場
  6.5.1. 高画質による応用
  6.5.2. 幅広対応による応用
  6.5.3. ダイレクトプリントによる応用
  6.5.4. 高速性を用いた応用
  6.5.5. その他応用
 6.6. デジタルファブリケーション
  6.6.1. インクジェット法とフォトリソとの比較
  6.6.2. Display(OLED,LCD)
  6.6.3. Printed Electronics
  6.6.4. Optical Elements
  6.6.5. Bio / Medical
  6.6.6. 3D printer
  6.6.7. デジタルファブリケーションの現状と課題

第7章 各種産業応用における課題と対応
 7.1. 産業市場からの要求と対応
 7.2. 液体範囲の拡大
  7.2.1. 高粘度液体吐出と小滴化
  7.2.2. 強アルカリ,強酸液体への対応
 7.3. 非浸透基板におけるパターン形成
 7.4. 大滴化
 7.5. 高速化(R2R)
 7.6. ヘッドの使いこなし

□質疑応答□