セミナー 印刷

自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、
材料開発のポイント

~自動車の振動減衰問題への要求課題、防振・制振の原理と材料選択、開発のポイント~

★ 自動車に向けて、振動減衰機構、材料選択、材料設計の基本を学ぶ!
日時 2020年3月13日(金)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 研修室
会場地図
講師 西澤技術研究所 代表 西澤 仁 氏
【略歴】
 1956年 新潟大学 工学部 応用化学科卒 昭和電線ホールディング(株) 研究開発本部 入社
     高分子材料,材料物性,成形加工技術の研究開発に従事
     研究開発室長,試作開発室長,機器電線事業部,被覆線事業部, 特品事業部各部部長を歴任
 1990年 海外JV企業(シンガポール,マレーシア) 代表取締役
 1996年 芝浦工業大学客員研究員 客員教授 兼務
 2002年 西澤技術研究所設立 代表(技術コンサルタント,講演,執筆活動)
 
【その他活動】
 (一社)日本ゴム協会 技術委員会 幹事(技術分科会主査歴任,技術有功賞受賞)
 難燃材料研究会 会長(現在 技術顧問)
 マテリアルライフ学会(常任理事,技術有功賞受賞)
 (独)国際協力機構(JICA) テクニカルエクスパート その他
 
【専門技術】
 1)高分子難燃化技術
 2)高分子材料技術(ゴム,プラスチックス),成形加工技術 (材料組成,物性,押出成形,射出成形,混練技術等)
 3)振動減衰技術,材料およびエンジニアリング(防振,制振,免振)
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー趣旨

 自動車は、地球温暖化対策、エネルギー対策、EV自動車対応の技術開発等多くの課題を抱え今後の発展が期待されている。
 今回は、その中の振動減衰の課題を取り上げて設計と材料開発のポイントを説明する。特に材料開発の課題を中心としたい。初級から中級の方を対象として、要求課題。振動減衰機構、材料選択、材料設計の基本をわかりやすく説明したい。

セミナー講演内容

1.自動車産業の課題と振動減衰技術と材料

2.自動車の振動減衰(防振、制振)問題への要求課題

3.防振の原理と材料選択

4.制振の原理と材料選択

5.自動車用防振ゴム開発のポイント
 5.1 ゴム素材の選択と配合設計
 5.2 製造工程における課題

6.自動車用制振材料の開発のポイント
 6.1 ポリマー素材の材料選択と配合設計
 6.2 製造工程における課題

7.EV自動車への転換にる材料への影響
 7.1 振動減衰、軽量化、難燃化、快適化、安全


  □質疑応答・名刺交換□