セミナー 印刷

セルロースナノファイバー複合材料 入門

~CNF複合材料の利用/開発に際して知っておきたい基礎知識~

注目の新材料セルロースナノファイバーを使いこなすための基礎知識を速習!
セルロースナノファイバーの作製方法と複合化技術を重点的に解説します
日時 2020年2月26日(水)  12:30~16:30
会場 東京・港区浜松町 芝エクセレントビル B1F KCDホール  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円)
備考資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・セルロースに関する基礎知識
・セルロースナノファイバーの製造方法
・セルロース系複合材料の製造方法と特性
・セルロースナノファイバーの用途開発の現状
対象セルロースナノファイバー・ナノセルロースの応用・用途に興味のある技術者

セミナー講師

大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授 宇山 浩 氏

セミナー趣旨

 地球上に最も豊富に素材するセルロースに関し、セルロースナノファイバー(CNF)をはじめとするナノセルロースの高性能・高機能材料への応用と産業化が活発に検討されている。
 CNFは軽量でありながら高強度といった特徴から自動車部材、住宅建材、内装材として有望であり、熱による変形が少ないことから半導体封止材、プリント基板への応用が想定されている。また、大きい比表面積を利用して、フィルター、紙おむつ用消臭シートといった用途があり、ガスバリア性に優れることから、食品包装容器等のバリアフィルムへの応用がある。さらに水中で特異な粘性を示すことから化粧品、食品、塗料といった用途が期待され、高い透明性から透明シートへの利用が想定される。
 本講座ではバイオマス資源・セルロースの基礎に始まり、CNFの作製方法と複合化技術を重点的に説明する。続いてCNFを基盤とするエネルギー、食品、衣料分野への応用・用途開発の最前線を紹介する。

セミナー講演内容

1. セルロースの基礎
 1.1 バイオマス原料としてのセルロース
 1.2 セルロースの構造
 1.3 セルロースの性質
 1.4 セルロースの化学修飾と産業利用
 
2.セルロースナノファイバーの作製技術
 2.1 機械的粉砕法
 2.2 バクテリアセルロース
 2.3 再生セルロース繊維利用法
 2.4 化学修飾
 2.5 セルロースナノクリスタル
 
3. 繊維と樹脂の複合化技術(基礎)
  3.1 繊維強化プラスチック
  3.2 ナノコンポジット化技術
 
4. セルロース系高分子複合材料
  4.1 ウッドプラスチック、バイオファイバー利用
  4.2 セルロースナノファイバーの利用
  4.3 修飾セルロースナノファイバーの利用
  4.4 セルロース系高分子複合材料の特性
 
5. セルロースナノファイバーの応用

  5.1 医療材料
  5.2 食品素材
  5.3 化粧品素材
  5.4 エネルギー関連材料

□ 質疑応答 □