セミナー 印刷

初めての人のための「原価計算」入門講座
【演習付き】

コストダウンを行う上で必須となる原価計算は研究者・技術者にも必要な知識となりつつあります
そんな原価計算についてを経験豊富な講師が演習を交えつつわかりやすく一から解説します!!
日時 2019年12月6日(金)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第2講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 47,020円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,750円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,750円)
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識【セミナー受講の3つの効果】
1.原価計算の基本が学べます。
2.決算書の基本知識が学べます。
3.コストダウンに必要な提案力の強化が期待できます。
対象原価計算を基礎から学びたい入門者の方
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。
※当日、電卓を使用しての演習がございますので、電卓をご持参お願い致します

セミナー講師

セミナー趣旨

 売上高を伸ばすことが困難な経営環境では、製造原価をきちんと把握し、コスト削減を図ることが特に重要です。それだけに、製造業のビジネスパーソンにとっても原価計算の基本を理解することは、まさに必須と言えます。一方で、入門者にとって原価計算は難解であり、独学での習得は容易ではありません。

 本セミナーでは、債権回収のプロとして本当に役に立つ財務分析を経験してきた講師が、とにかくわかりやすいことに重点を置き平易に解説します。また、講義ばかりではなくワーク(計算演習)を通して実践的に学べます。

セミナー講演内容

1.決算書の基本知識
 1.1 貸借対照表(B/S)
 1.2 損益計算書(P/L)
 1.3 製造原価報告書(C/R)
 
2.原価とは何か
 2.1 どこまでが原価なのか
 2.2 原価の定義
 2.3 原価計算の目的
 
3.原価の分類と原価計算の手順
 3.1 製造原価・販管費(販売費及び一般管理費)
 3.2 原価の3要素(材料費・労務費・経費)
 3.3 原価計算の手順
 
4.製造間接費
 4.1 製造間接費の分類
 4.2 部門別製造間接費の集計
 4.3 製造間接費の配賦計算
 
5.製品ごとの原価計算
 5.1 なぜ製品別に原価を集計するのか
 5.2 個別原価計算
 5.3 総合原価計算
 5.4 仕掛品の計算
 5.5 単純総合原価計算
 5.6 等級別総合原価計算
 5.7 組別総合原価計算
 5.8 工程別総合原価計算
 5.9 仕損があったときの処理
 
6.標準原価計算
 6.1 標準原価計算とは
 6.2 標準原価計算の手順
 6.3 原価差異とは
 
7.直接原価計算
 7.1 全部原価と部分原価
 7.2 変動費と固定費の分類
 7.3 損益分岐点分析

  □質疑応答・名刺交換□