セミナー 印刷

ファインバブル(マイクロバブル・ナノバブル)の
基礎・発生装置とその応用技術

【微細気泡の機能・効果、発生原理と作製方法、測定評価および産業界での活用事例】

★ ファインバブルの利用事例と課題、展望まで。
★ マイクロバブル/ナノバブルを活かすために、基礎を押さえる!
日時 2019年10月17日(木)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第1グループ活動室
会場地図
講師 高知工業高等専門学校 准教授 秦 隆志 氏

【受賞など】

第4回地域産業支援プログラム表彰(イノベーションネットアワード2015)文部科学大臣賞 受賞等
【WebSite】
https://www.kochi-ct.ac.jp/
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー趣旨

 近年、マイクロバブル・ナノバブル(総称してファインバブル)と呼ばれる微細気泡が通常の気泡(ミリバブル)とは異なる非常にユニークな性質を示すことが分かってきました。これらの特徴と水と気体だけを原料とする汎用性・利便性から、ファインバブルは農水産業や環境改善、洗浄、医療などをはじめ、多岐に渡った産業展開の可能性を秘めています。
 ファインバブルのユニークな性質やその作製方式、また実際に産業的利用を行った事例やその問題点等を紹介し、このファインバブル技術について広く知っていただき、参加者のみなさまの産業的利用に対しお手伝いができればと思っています。

セミナー講演内容

<得られる知識・技術>
・ファインバブルの基本的知識
・各種ファインバブル発生方式のしくみ・特徴と導入時の選定法
・各種産業応用やその際の使い方のポイント など

<プログラム>
1.ファインバブルとは ?
 1.1 ミリバブル・マイクロバブル・ウルトラファインバブル(ナノバブル)について
 1.2 ファインバブルの特性・挙動・機能について

   ・ファインバブルの基本的な物理・化学的特性について
   ・液中のバブル挙動(発生・合一・消滅・圧壊等)
   ・自己収縮とそれに伴う溶存酸素の向上
   ・バブルが有するζ電位
   ・バブルの存在時間
   ・バブルの安定化
    ~阻害要因、安定性に寄与する条件・物質など~
   ・封入内包気体種を変えた場合は ? 
   ・バブル水の表面張力
   ・超音波との併用によるラジカル発生
   ・バブルの生理活性作用とそのメカニズム
   ・バブルの殺菌作用とそのメカニズム
   ・バブルの洗浄作用とそのメカニズム
   ・生体への影響は ?
   ・その他考えられる機能・効果について

2.ファインバブルの発生原理と作製方法
 2.1 発生方法の種類・原理と長所・短所
 2.2 加圧溶解方法
 2.3 エジェクター方法
 2.4 気液剪断方法
 2.5 その他の方法
 2.6 発生器を自分で作製・調整するためのノウハウ

3.ファインバブルの測定評価法
 3.1 粒子径の測定評価法
 3.2 粒子数(バブル濃度)の測定評価法
 3.3 ウルトラファインバブル(ナノバブル)の評価
 3.4 実作業の場での評価
   ~より簡便・安価に評価する方法について~

4.産業的な使用事例
 4.1 農産業

   ・植物の生育・成長促進への影響
   ・洗浄・付着菌への影響など
 4.2 水産業
   ・酸欠防止・成長促進への影響
   ・輸送技術
 4.3 一般・工業洗浄
 4.4 食品
 4.5 その他

5.使用時の留意点等
 5.1 なにを期待して、なにを狙うのか ?
 5.2 効果の出し方・効率向上のポイント
 5.3 それぞれの産業分野・現場での装置選定・条件設定のポイント
   ~最適な方式や最適な粒子径・密度等について~
 5.4 安定に生産されない場合のチェックポイント
 5.5 スケールアップの影響と留意点


  □質疑応答・名刺交換□