セミナー 印刷

微生物燃料電池の基礎と応用展開および
微生物電気分解・電気合成の最新動向

バイオマス発電や廃水処理、水素生産など、様々な応用が期待される発電菌。
本セミナーでは、微生物発電のメカニズムから、微生物燃料電池の構造・応用展開、
さらに電気化学活性菌の利用による水素生産や有用物質生産に関してまでを詳しく解説します。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2019年10月25日(金)  13:00~16:30
会場 東京・千代田区駿河台 連合会館  2F 205会議室
会場地図
講師 東京薬科大学 教授 理学博士 渡邉 一哉 氏
専門:微生物学
HP: http://logos.ls.toyaku.ac.jp/~bioenergy1/
受講料(税込)
各種割引特典
44,000円 ( S&T会員受講料 41,800円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税4,000円
会員:本体38,000円+税3,800円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で44,000円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額22,000円) 
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・発電菌の発電メカニズム
・微生物燃料電池の基礎と応用
・微生物電気分解とは何か
・微生物電気合成とは何か
・電気制御発酵とは何か
対象・微生物を用いた産業プロセスの開発者、廃水やバイオマス廃棄物の処理の省エネ・省コストを考えている方
・微生物に興味のある方
・予備知識不要です。

セミナー趣旨

 微生物燃料電池は電気化学活性を持つ微生物を利用するバイオプロセスで、廃棄物バイオマスのエネルギー利用技術として、また省エネ型廃水処理技術として期待されています。微生物燃料電池の研究開発には、微生物学、電気化学、材料工学、プロセス工学など、多様な学問領域の知識や技術が必要となります。
 本講座では、微生物発電の基礎に関する解説とともに微生物燃料電池に関する研究開発を網羅し、今後の課題などについても紹介します。また最近、電気化学活性菌を水素生産に利用する微生物電気分解や有用物質生産に利用する微生物電気合成など、新しい展開が始まりつつあります。本講義では、これら新展開についても紹介します。

セミナー講演内容

1.微生物発電のメカニズム
 1.1 微生物燃料電池の基本構造
 1.2 生物のエネルギー獲得メカニズム
 1.3 発電菌
 1.4 電気共生
 1.5 電気合成菌
 
2.微生物燃料電池の構造
 2.1 装置の形状
 2.2 評価方法
 2.3 アノード
 2.4 カソード
 2.5 セパレーターなど
 
3.微生物燃料電池の応用
 3.1 微生物燃料電池の応用分野
 3.2 バイオマス発電
 3.3 廃水処理
 3.4 小型電源
 3.5 田んぼ発電
 
4.微生物電気分解
 4.1 水素生産の原理
 4.2 装置の構造
 4.3 課題と研究動向
 
5.微生物電気合成
 5.1 有用物質生産の原理
 5.2 装置の構造
 5.3 課題と研究動向

6.まとめ

 □質疑応答・名刺交換□