セミナー

泡制御のための基礎と消泡・脱泡技術

~泡を消す・抑える・活かすために、押さえておきたい知識と技術~

気泡・泡沫の発生・挙動、泡の測定、消泡・脱泡技術、数値シミュレーションなど。
複雑な泡現象に対応するための知識と制御技術を解説。トラブル対策にも活かせます。
日時 2019年10月28日(月)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 研修室
会場地図
講師 東北大学大学院 工学研究科 化学工学専攻 教授 工学博士 塚田 隆夫 氏
【講師詳細はこちら】
受講料(税込)
各種割引特典
49,500円 ( S&T会員受講料 47,020円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,750円+税4,270円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で49,500円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,750円) 
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー趣旨

 “泡”に関連した現象は、様々な工業プロセスにおいて多種多様な形で見ることができます。プロセスに依存して、泡を積極的に利用する場合と泡の存在が問題となる場合がありますが、泡の挙動を理解することがプロセスを制御するにあたって極めて重要となります。
 本セミナーでは、単一気泡や泡沫の発生、成長あるいは崩壊メカニズムといった基本的な項目について述べるとともに、泡の特性を把握するための測定手法や代表的な装置内での気泡の挙動について説明します。また、破泡、抑泡のための物理的・化学的(消泡剤の利用)消泡技術、脱泡技術、さらには最近の計算機の進歩に伴い広く行われるようになってきた気泡現象に関する数値シミュレーションについても紹介します。

セミナー講演内容

1.はじめに

2.気泡の生成と運動

 2.1 表面張力と濡れ
 2.2 気泡の生成メカニズム
 2.3 気泡の運動と変形

3.泡沫の生成と崩壊
 3.1 泡沫の生成とその安定性
 3.2 泡沫の崩壊メカニズム

4.泡の測定
 4.1 起泡性と安定性の測定
 4.2 泡沫のキャラクタリゼーション

5.消泡・脱泡技術
 5.1 消泡技術
  5.1.1 物理的消泡
  5.1.2 化学的消泡
 5.2 脱泡技術

6.各種装置内の気泡特性
 
6.1 気泡塔
 6.2 攪拌槽

7.気泡現象の数値シミュレーション

8.まとめ


 □ 質疑応答・名刺交換□