セミナー 印刷

よくわかる!分級技術のすべて。
~粉体・粒子の分級技術と分級操作ノウハウ~

本セミナーは都合により中止になりました。(9/10 15:30更新)
★ 分級操作の原理・理論、乾式・湿式分級装置の分級性能とその推算法・高性能化法を解説!
★ 粉砕と分級を組合わせた閉回路粉砕分級システム、分級プロセスの応用事例についても解説します。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2019年9月17日(火)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第3講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で43,200円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額21,600円) 
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー趣旨

 粒子を大きさ毎に分ける分級技術は、粉体材料を始めとする各種高機能材料の製造や環境関連プロセスで必要不可欠であり、分級性能がその効率を大きく左右することがあります。
 本講座では分級操作の原理・理論、乾式・湿式分級装置の分級性能とその推算法・高性能化法を紹介します。また、粉砕と分級を組合わせた閉回路粉砕分級システム、分級プロセスの応用事例についても言及します。

セミナー講演内容

<得られる知識・技術>
粉体の粒子径分布の表現方法、分級に及ぼす粒子相互作用力の影響、流体中での粒子運動の理論、分級装置の分級理論とデータ処理法、閉回路粉砕分級システムの概要

<プログラム>
1.粒子径分布

 1.1 粒子径と粒子径分布の表現法
 1.2 粒子径分布の測定法
 1.3 粒度分布の近似関数

2.分級の基本原理と粒子運動
 2.1 分級性能の表現法
 2.2 流体中での粒子運動
 2.3 外力と粒子運動

3.分級の基本理論と推算モデル
 3.1 全捕集効率と部分分離効率
 3.2 上昇流分離モデル
 3.3 水平分離モデル
 3.4 拡散と分離性能

4.分級機の原理及び設計・使い方
 4.1 分級機の種類と分類
 4.2 遠心力分級機ーサイクロンの原理・構造
 4.3 サイクロンの性能推算法

5.付着力などの粉体物性と分級操作
 5.1 付着力(ファンデルワールス力, 静電気力, 液架橋力)
 5.2 分級操作と付着力

6.分級操作のコツ・トラブル対策について
 6.1 環境条件、帯電、付着力などが分級性能に及ぼす影響
 6.2 分級機の性能向上・効率化・処理量増加の方策(装置形態、装置材料)

7.分級操作の応用事例

  □質疑応答・名刺交換□