セミナー 印刷

架橋技術による
ポリマーの接着性の効果的な改良方法

~架橋によるポリマーの力学特性変化~
~接着改良に効果のある架橋と効果のない架橋~
~架橋を形成する具体的方法~

ポリマーの接着性改良に有効な架橋技術を初心者にもわかりやすく解説

架橋の種類、架橋の形成、架橋剤、層間架橋、層内架橋、、、、

接着性を改善するために効果的に架橋技術を使いこなす
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2019年9月30日(月)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  6F 中会議室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・架橋によるポリマーの力学特性変化
・接着改良に効果のある架橋と効果のない架橋
・架橋の形成方法
・特別な架橋
キーワード:架橋,力学特性,架橋剤,層間架橋,層内架橋

セミナー講師

畠山技術士事務所 所長 技術士(応用理学部門) 畠山 晶 氏
元 富士フイルム(株)
【講師紹介】

セミナー趣旨

 架橋はポリマーの接着を改良するための有効な技術である。本セミナーでは架橋技術について初心者にもわかりやい説明を行いたい。 本セミナーでは、まず架橋によるポリマーの力学特性の変化について説明する。架橋はポリマーの接着を改良するための有効な技術ではあるが、しかし、すべての架橋が接着を良化させるわけではなく、場合によっては架橋によって接着は悪化する。接着改良に有効な架橋とそうでない架橋について説明する。また、架橋を形成する具体的な方法についても説明する。架橋剤によるポピュラーな方法に加え、やや特別な方法についても紹介したい。

セミナー講演内容

1.架橋の種類
 1.1 層間架橋と層内架橋
 1.2 架橋と硬化
 1.3 化学結合による架橋とそれ以外の架橋
 1.4 その他の架橋

2.架橋によるポリマー物性の変化
 2.1 ガラス転移温度
 2.2 架橋によるポリマーの物性変化

3.架橋の形成
 3.1 層間架橋と層内架橋の形成
 3.2 架橋剤を用いる方法
 3.3 シランカップリング剤を用いる方法
 3.4 光を用いる方法
 3.5 プラズマを用いる方法
 3.6 その他の特別な方法

4.架橋による接着変化
 4.1 剥離される物体の形状
 4.2 剥離方法
 4.3 層間架橋と層内架橋
 4.4 架橋と接着
 4.5 架橋の効果のある場合
 4.6 架橋の効果の無い場合
 4.7 特別な架橋の効果
 4.8 複数の層が積層されている場合の架橋の効果

  □質疑応答□