セミナー 印刷

環境発電/エネルギーハーベスティング技術の
応用・実用化とデバイス開発動向

好評の環境発電セミナー。今回は、NTTデータ経営研究所・竹内氏の環境発電技術開発動向の解説に加え、デバイスとその応用開発に取り組む企業をお招きし、開発コンセプト、課題、応用展望を解説頂きます。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2019年7月25日(木)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第2講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

第1部 『環境発電/エネルギーハーべスティングの応用例とその技術』[10:30~13:50] ※11:50~12:30昼食休憩
 (株)NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット シニアマネージャー 竹内 敬治 氏
 【講師紹介】
  京都大学大学院工学研究科修士課程修了後、三菱総合研究所などを経て、2010年5月より現職。
  通信、エネルギー、ITなどの分野の各種調査研究・開発プロジェクトに従事。
  2010年5月、エネルギーハーベスティングコンソーシアムを設立し、事務局を務める。
  JST A-STEP「IoT、ウェアラブルデバイスのための環境発電の実現化技術の創成」プログラムオフィサー
  CREST・さきがけ複合領域「微小エ ネルギーを利用した革新的な環境発電技術の創出」領域
  運営アドバイザーを務める。

 【エネルギーハーベスティングコンソーシアム:WEBサイト】

第2部 『振動発電エナジーハーベスタ開発と電池レスIoTソリューションへの展開』[14:00~15:10]
 アダマンド並木精密宝石(株) フォトニクス事業部 課長 青柳 智英 氏
 【講師紹介】
  2000年芝浦⼯業⼤学機械⼯学科卒業。既存製品のマイナーチェンジや新製品の開発、要素技術の研究を担当し
  電磁工学に関する特許を多数発案。その後3年間のスイス事務所勤務を経て、現在では発案⼒を⽣かし
  エナジーハーベスターの開発を専⾨とする。

第3部 『環境発電デバイス開発の取り組み』(15:20~16:30)
 双葉電子工業(株) メカトロ製品開発センター/千葉工業大学 客員研究員 工藤 翔太朗 氏
 【講師紹介】

  2008年3月 千葉工業大学 工学部 機械サイエンス学科 卒業
  2008年4月 双葉電子工業株式会社 入社 精機技術グループ配属
  2016年7月 メカトロ製品開発センターへ異動
  2018年7月 千葉工業大学 客員研究員として所属
  現在、新規事業創出のためのマーティング、及び、IoT事業(NEDOプロジェクトによる構造物の状態監視、
  工作機械IoTモニタリングシステム、環境発電デバイス)、ロボット事業(協働ロボット、サーボモータモジュール)
  に関する製品開発を進めている。

セミナー講演内容

第1部 『環境発電/エネルギーハーべスティングの応用例とその技術』 
[10:30~13:50]

 光・熱・振動・電波などの環境エネルギーを電気エネルギーに変換する環境発電(エネルギーハーベスティング)技術は、IoT社会を実現する基盤技術として注目されている。本格的な実用化・普及に向けては、まだ多くの技術課題・事業課題が存在するが、徐々に普及に向けた動きが出てきた。
 本講演では、各種発電技術の構想・提案段階から実用化に至る様々な取り組みを紹介するとともに、成功のための技術面のポイント、事業面のポイントを明らかにする。

<得られる知識>
・環境発電(エネルギーハーベスティング)技術に関する知識
・環境発電のニーズと実用化アプリケーション事例
・環境発電に関する技術課題、事業課題とその対策

<プログラム>
 1. 環境発電とは

 2.構想・提案段階にある環境発電技術・デバイス開発と必要なブレークスルー
  2.1 光エネルギー変換技術
  2.2 力学的エネルギー変換技術
  2.3 熱(温度差)エネルギー変換技術
  2.4 電波エネルギー変換技術
  2.5 その他のエネルギー変換技術
  2.6 周辺技術

 3. プロトタイプ段階・実証実験中の環境発電技術と実用化の見込み
  3.1 インダストリー、建物
  3.2 ヘルスケア・メディカルケア、見守り、ウェアラブル
  3.3 インフラマネジメント、環境センシング、農業
  3.4 自動車・交通システム
  3.5 スマートグリッド・スマートコミュニティ、その他
 
 4. 環境発電技術の実用化成功事例・失敗事例
  4.1 インダストリー、建物
  4.2 ヘルスケア・メディカルケア、見守り、ウェアラブル
  4.3 インフラマネジメント、環境センシング、農業
  4.4 自動車・交通システム
  4.5 スマートグリッド・スマートコミュニティ、その他
 
 5. まとめ-成功に向けた課題
  5.1 技術面の課題
  5.2 事業面の課題
  5.3 今後の展望
  5.4 オープンイノベーションの場としてのエネルギーハーベスティングコンソーシアム

 □質疑応答・名刺交換□
 
第2部 『振動発電エナジーハーベスタ開発と電池レスIoTソリューションへの展開』
[14:00~15:10]

 高い発電量を実現したエナジーハーベスティング技術の紹介及び無線、ゲートウェイ、クラウド、ソフトまでを含めた電源/電池/配線が不要なシステムの紹介。

<得られる知識>
 ・電磁誘導型エナジーハーベスターの特徴、設計コンセプト
 ・エナジーハーベスターを用いたシステム例
 ・ニーズとのマッチング手法

<プログラム>
 1. 会社紹介
 2. 当社EHの特徴
 3. IoT、M2Mの市場
 4. 電磁誘導方式の基本原理
 5. 各種エナジーハーベスターの紹介
 6. エナジーハーベスターを利用した無線送信
 7. 製品例の紹介(電源レス車両検知装置)


 □質疑応答・名刺交換□
 
第3部 『環境発電デバイス開発の取り組み』
[15:20~16:30]

 IoTによりモノからコトへ新たな付加価値を生む社会変革が進んでいる。IoTの世界市場は2022年には1兆ドルまで拡大し、インターネットにつながる機器も数百億個という状態で膨大な数量となっていくとの予測がある。現在電池での対応が主流だが、電池切れ、交換作業のメンテナンスが問題となる。解決手段の一つとして、環境の微小なエネルギを活用し電力に変換するエネルギハーベスティング技術を用いた環境発電デバイスがある。
 本セミナーでは、振動、熱、光をエネルギ源とした環境発電デバイスの製品開発について、開発経緯、ラインナップと特徴、進捗と課題、今後の予定について紹介する。

<得られる知識>
 ・現場環境での運用を想定した環境発電デバイスの製品化について

<プログラム>
 1. 講演者自己紹介
 2. 自社紹介
 3. 開発経緯
 4. 環境発電デバイスの市場
 5. 製品コンセプトと想定ラインナップ
 6. 進捗と課題
 7. 今後の予定


 □質疑応答・名刺交換□