セミナー 印刷

超分子材料の基礎と設計および応用展開

~可逆性の架橋や可動性の架橋を駆使した高分子材料設計~

刺激応答性、自己修復機能、力学特性の向上、分子接着性など、
高分子材料の更なる機能化を果たすためには?
各機能を有する材料の設計と応用、研究の最新動向に関して解説します。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2019年7月23日(火)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第1講習室
会場地図
講師 大阪大学 高等共創研究院/大学院 理学研究科 高分子科学専攻 博士(理学) 教授 高島 義徳 氏
専門:高分子科学・超分子科学
【講師詳細】
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識高分子科学・高分子材料設計・超分子科学、これらの研究の最近の動向
対象特に制限はございませんが、高分子材料にかかわる研究者・技術者向けと考えております。予備的知識は必要ないと考えております。予備的と考えているところまで含めて、講演で紹介させていただきます。

セミナー趣旨

 近年、高分子材料には、高強度・高靭性や高耐久性などの更なる機能化が求められている。これらの機能化にあたっては、従来には無い分子設計と材料設計によるアプローチが解決の一つと考えられる。高分子材料の分子設計として、永久架橋として振る舞う化学架橋だけでなく、物理的な架橋である可逆的な架橋や、架橋点が動く可動性の架橋が機能創製における力学特性の向上、分子接着性、刺激応答性といったこれまでに無い機能を付与に貢献することができる。
 本講演では、最近の可逆性の架橋や可動性の架橋を駆使した高分子材料設計について紹介し、上記の機能に加えて、自己修復機能の例について紹介する。

セミナー講演内容

1.高分子ネットワークの架橋設計
 1.1 化学架橋ゲル
 1.2 可逆性架橋ゲル(物理架橋ゲル)
 1.3 可動性架橋ゲル
 
2.自己修復機能を実現するための材料設計
 2.1 マイクロカプセルを用いた自己修復性材料
 2.2 光刺激を用いた自己修復性材料
 2.3 Deals-Alder反応を用いた自己修復性材料
 
3.可逆性結合を用いた自己修復性高分子材料の世界的動向
 3.1 水素結合を用いた自己修復性材料
 3.2 金属配位を用いた自己修復性材料
 3.3 ホスト-ゲスト相互作用を用いた自己修復性材料
 
4.自己修復性高分子材料の分子設計
 4.1 動的共有結合を用いた自己修復材料
 4.2 イオン性ゲルを用いた自己修復材料
 4.3 RAFT重合を利用した自己修復性高分子ゲル

5.超分子を用いた自己修復性材料の分子設計
 5.1 ホスト-ゲスト相互作用を用いた自己修復材料の材料設計
 5.2 ホストポリマーとゲストポリマーを用いた自己修復材料
 5.3 ホスト-ゲストポリマーによる自己修復性機能
 
6.高強度高分子材料の分子設計
 6.1 犠牲結合が拓く力学特性
 6.2 架橋点が自由に動く材料の力学特性
 6.3 均一網目構造を有する材料が生み出す力学特性
 
7.可逆性結合材料を用いた異種材料間接着
 7.1 水素結合形成を利用した異種材料間接着
 7.2 ホスト-ゲスト相互作用を利用した異種材料間接着
 7.3 ジオール-ボロン酸相互作用を利用した異種材料間接着
 
8.刺激応答性高分子材料 ~運動・アクチュエータ~
 8.1 光刺激応答性材料
 8.2 酸化還元応答性材料
 8.3 可動性架橋を利用した刺激応答性材料

 □ 質疑応答・名刺交換□