セミナー 印刷

技術者・研究者が押さえておきたい
特許取得の知識と実務ノウハウ

研究者、審査官、弁理士を経験した講師だからこそ分かる『他社特許の抜け道』

技術者・研究者が押さえておくべき特許の知識・ノウハウを6時間で速習!
特許調査のやり方、特許の正しい読み方、審査のされ方の理解、実施例の準備等の出願時に気を付けるべきポイント…etc
特許を取得するに際して技術者・研究者が知っておかなければならない知識・実務上のノウハウを徹底解説
日時 2019年5月27日(月)  10:30~16:30
会場 東京・大田区蒲田 大田区産業プラザ(PiO)  6階 D会議室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,300円) 
備考資料・昼食付
得られる知識・技術者・研究者・知財担当者にとって、最低限必要な(今更聞けない)特許制度の知識
・特許調査方法及びその重要性
・他社特許からアイデアを見つける方法
・審査官の審査の仕方、審査官の論理構築
・強い特許の書き方(クレーム、明細書、実施例、比較例の書き方)
・強い特許を取得するための実験データ(実施例、比較例)の取り方
・出願前、出願時、出願後にすべきこと
・知財マインドを高めること
対象初心者から中級者向けを想定していますが、ベテランでも参考になるだろう情報も含まれる内容となっています。

セミナー講師

セミナー趣旨

 研究で行き詰まっていたり、アイデアが出せず、特許出願が中々できなかったりしませんか?
 欲張って広い特許請求の範囲(クレーム)で出願し、何回も拒絶理由通知書が届き、費用ばかり嵩んで、挙句に拒絶査定になっていませんか?
 特許査定率を優先し、狭いクレームで出願していませんか? 狭い特許を取得しても、使われない特許を産んでいるだけかもしれません。
 折角権利化した特許のクレームには、実際に販売した商品が含まれていないことに、かなり後になって気づいていませんか?あるいは、それにさえ気づいて居ないことないでしょうか?
 これら課題(問題点)を解決するには、(1)他社特許を調査すること、(2)特許を単に読むだけでなく正しく読むこと、(3)審査官の審査の仕方、論理構築を理解することなどが非常に重要になります。
 本セミナーでは、特許に関わる主な人である、企業(研究者)、特許庁(審査官)、国際特許事務所(弁理士)、及び大学(知財マネージャー、客員教授)、産官学の全てを経験した福島弁理士が、技術者・研究者が知っておくべき強い特許権の取得方法、他社特許からのアイデアの見つけ方、特許を正しく読む方法、等について、わかりやすくお話します。

セミナー講演内容

1.はじめに

2.いまさら聞けない特許制度の基礎知識
 2.1 特許とは、発明とは
 2.2 特許で失敗した企業、成功した企業
 2.3 特許要件(特許取得には、乗り越えるハードルが幾つかある)
  (1) 新規性
  (2) 進歩性
  (3) 記載要件等
 2.4 公報の種類(特許公開公報、特許公報等)
 2.5 特許出願に必要な書類5種類(願書、特許請求の範囲、明細書、図面、要約書)
 2.6「発明の本質」を考える重要性
 2.7 上位概念、下位概念
 2.8 特許制度の概要(特許審査の流れ、提出期限、存続期間等)
 
3.効率的に特許を読む(審査官の読み方を伝授)
 3.1 読む必要がある文章(特許請求の範囲、課題、効果)
 3.2【発明が解決しようとする課題】と【発明の効果】
 3.3【特許請求の範囲】=【課題を解決するための手段】
 3.4【発明を実施するための形態】と【実施例】
 3.5【実施例】、【比較例】、【参考例】、【試験例】の違い
 3.6 読み方を考える(速度を上げる方法、正しく読む方法)
 
4.特許調査の重要性を考える
 4.1 特許調査の重要性、目的、タイミング
 4.2 無料データベース(J-Platpat)の基礎的な使い方
 4.3 FI、Fターム、テキスト
 4.4 外国特許調査データベースの紹介(Espacenet、Patentscope、Publicpair)
 
5.出願前~出願時~出願後に考えること
 5.1 強い特許の書き方
 5.2 特許請求の範囲(請求項、クレーム)の書き方
 5.3 必要な実施例、必要ない実施例(データの取り方)
 5.4 必要な比較例、必要ない比較例
 5.5 他社に発明を公開する代償を考える
 5.6 国内優先権出願の活用
 5.7 外国出願の準備(パリ出願、PCT出願の基礎知識)
 5.8 その他知ってて得する情報
 
6.まとめ・質疑