セミナー 印刷

一日でマスターできる
燃料油・潤滑油・グリース・添加剤の基礎講座
および潤滑油・添加剤の分離・分析方法

『これだけは知っておきたい』『知っててよかった』の必須知識と実務への応用

営業、技術開発、品質管理を中心とした方々に是非お伝えしたい業務に活かせるベーシックな知識と実践的なノウハウ
添加剤の構造&作用機構等、効果的な活用方法,目的・用途に合う適切な選定、測定・分析技術等々・・・
日時 2019年5月23日(木)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第4講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
備考資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

石油分析化学研究所 代表 工学博士 技術士(化学部門) 藤田 稔 氏 
※元昭和シェル石油(株) 研究部長
【講師情報】

セミナー趣旨

 産業、工業の発展に伴って各種機械に使用される潤滑油は多岐にわたり、また、要求される性能は年々厳しくなってきている。潤滑油を厳正に選び、正しく使用することにより、工場の省エネルギー効果が増大し、利益向上につながる。また、機械装置の進歩に応じて、新しい潤滑剤の開発も重要である。
 このような観点から、鉱油系潤滑剤の作り方、種類、組成、機能を熟知することは重要であり、また、潤滑油の品質、寿命を左右する添加剤の化学構造と作用機構を学習することは大いに意義がある。
 さらに、潤滑油の市場調査、製造工程管理、競争他社品の解明や新製品の開発のため潤滑油と添加剤の分離・分析法を体得することはきわめて大切である。
 本セミナーでは、初歩的な入門講座から始まって、暫時専門的な知識に至るまで易しく解説し、特に分析については具体的な手法を解説して、実践に役立つ内容とした。

セミナー講演内容

1.燃料油の製造方法の進歩
 
○石油製油所の装置構成
 ○燃料油の種類と特性
 ○主要精製プロセス
 ○水素化精製法
 ○接触分解法
 ○接触改質法
 ○アルキル化、エーテル法
 〇GTL

2.燃料油添加剤の化学構造と作用機構
 ○オクタン価向上剤
 ○清浄剤
 ○酸化防止剤
 ○金属不活性化剤
 ○腐食防止剤
 ○氷結防止剤
 ○帯電防止剤
 ○セタン価向上剤
 ○低温流動性向上剤
 ○潤滑性向上剤

3.潤滑油の製造方法と化学的組成、機能と特性
 ○硫酸洗浄法
 ○溶剤精製法
 ○水素化精製法
 ○水素化分解法
 ○ワックス異性化法
 ○GTL法
 ○潤滑油の化学的組成
 ○潤滑剤の機能

4.グリースの製造方法と化学的組成、機能と特性
 ○製造方法
 ○製造工程
 ○製造装置
 ○グリースの分類
 ○グリースの機能
 ○グリースの基油と石けんおよび添加剤
 ○グリースの劣化機構

5.潤滑油添加剤の化学構造と作用機構
 ○酸化防止剤
 ○粘度指数向上剤
 ○流動点降下剤
 ○清浄分散剤
 ○腐食防止剤
 ○さび止め剤
 ○極圧添加剤
 ○油性向上剤
 ○消泡剤
 ○乳化剤
 ○摩擦調整剤
 ○防かび剤(エマルション用)
 ○抗乳化剤

6.潤滑油および添加剤の分離、分析方法
 ○潤滑油の系統的分離分析法
 ○潤滑油基油の成分分析法
  ・n‐d‐M法による環分析
  ・液体クロマトグラィ-
  ・迅速微量クロマトグラフ分析法
 ○添加剤の分離法
  ・ゴム膜透析
  ・液体クロマトグラフィー
  ・XRD
 ○潤滑油無機成分の機器分析
  ・ICP
 ○潤滑油有機成分の機器分析法
  ・IR
  ・NMR
  ・MS

7.潤滑油商品の研究開発における分離分析方法の重要性
 ○高性能電気絶縁油の開発
 ○高粘度指数作動油の開発
 ○高塩基性舶用シリンダ油の開発
 ○潤滑油流動点降下剤の新合成法の開発

  □質疑応答□