セミナー 印刷

においの姿とその見える化

~においのメカニズム・本質と分析・解析技術、定量評価~

定量的ににおいを評価したいが現行のやり方では客観性にに不安がありませんか、

各種方式、分析機器で試行錯誤しているが、なんとなく納得がいかないと考えてませんか

においの本質を説明し、官能評価・成分分析・リアルタイム分析・センサ方式・におい識別装置が
 どんなもので、どんな工夫されており、どんな結果が得られるかを説明

納得できるにおいの客観的・定量的な評価を目指して
日時 2019年4月24日(水)  10:30~16:30
会場 東京・大田区平和島 東京流通センター 2F  第4会議室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー講師

(株)島津製作所 分析計測事業部 GC・TAビジネスユニット マネージャー 工学博士 喜多 純一 氏
【講師紹介】

セミナー趣旨

 においを定量的に評価したいと考える方は、年々増加してきている。官能評価の重要性は認識できるものの、その客観性に心配があり、GCMSやにおい嗅ぎGC等の成分分析、大気イオンMS等のリアルタイムにおい分析、センサ方式、におい識別装置といろいろ試し、購入もされているが、今ひとつ求めている結果が得られていなかったり、もう少しなんとかなるのではと考えておられる方が多い。そのように問題が残る現状がなぜそうなるのかについて、においの本質を説明するとともに、今までの評価方法を少し歴史を振り返り説明する。その後具体的な方法として、官能評価、成分分析、リアルタイム分析、センサ方式、におい識別装置がどんなもので、どんな工夫されており、どんな結果が得られるかを説明する。
 しかし、いろいろな方法を駆使し、工夫しても、求めているものに対して納得のいく結果が得られない場合が多々あり、そうなってしまう理由を、先に説明したにおいの本質をもとに、解説を行う。また、それぞれの原因をもとに、それを解消する幾つかのヒントを説明し、日ごろの疑問解消につなげていただければと考える。
 以上、現在、においの見える化について疑問を持っておられる方、これからにおいをもう少し定量的に見ていこうと考えておられる方、もしくは、見させようと考えておられる方、すでににおいについては取り組んでもおられるが、もう少しなんとかならないかと考えておられる方、またなんとかさせたいと考えて折られる方に、ヒントを与えられることを目的とする。

セミナー講演内容

1.においについて知っておきたいこと
 1.1 においとは何か?
 1.2 においの3つの側面とは?
 1.3 においの本質で知っておくべきこと、検知閾値と、ウエーバーへフナーの法則
 1.4 においの原臭は存在するのか?

2.ヒトがにおいを感じる仕組みは?
 2.1 嗅覚におけるにおいセンサである嗅覚レセプターとは?
 2.2 どのような経路でにおいは認知されるのか?

3.嗅覚検知メカニズムが原因と思われるにおいの不思議
 3.1 いくつかのにおいが混ざったときのにおいは予想できる?
 3.2 においがする成分でも、全体のにおいの寄与していない場合があるの?
 3.3 マスキング、ペアリング効果とは?
 3.4 嗅覚的ホワイトってなんでしょう?
 3.5 オミッション法とはどんな手法?
 3.6 においの不思議は科学的に説明できるの?⇒におい質の近さ度合いの研究
 3.7 異臭、悪臭、香気、複合臭って何のこと?
 3.8 レトロネーザルアロマってなに?

4.においの単位とは?
 4.1 臭気強度、臭気濃度、臭気指数とはどんな定義?
 4.2 検知閾値、認知閾値、弁別閾値とは?
 4.3 におい質に単位はあるの?
 4.4 フレーバーホイールとは?
 4.5 官能評価で用いられるにおいの質とは?
 4.6 におい物質の種類はどれくらいあるの?それからにおい質の数は計算できる?
 4.7 自動車、車室内、部品のにおいのにおい質表現(ISO)

5.見える化①官能評価方法
 5.1 日本における、公定法におけるにおいの強さの決め方の変遷
 5.2 悪臭22物質を基にしたにおい強度測定
 5.3 三点比較式臭袋法とは
 5.4 海外におけるにおいの強さの決め方例
  オルファクトメトリー法(CEN規格)
  建材、室内臭のにおいの強さの決め方(ISO)2017年の自動車部品、車室内のにおい(ISO)の基礎
 5.5 官能評価の種類 分析型官能評価と嗜好型官能評価
 5.6 官能評価で合否判定をする場合(分析型官能評価で主観をできるだけ排除する工夫)
 5.7 官能評価でスコアー(得点)をつける方法
 5.8 得点をつける方法の一つとしてのQDA法(ISO)
 5.9 パネルの選定方法
 5.10 パネル選定の前提となる嗅覚感度測定方法(国内、国外)
 5.11 自動車室内、部品のにおいの強さ測定方法(官能評価ISO)
 5.12 5.11におけるパネルの選定方法
 5.13 においかおり環境協会の簡易臭気強度の決め方
 5.14 官能評価結果の表現方法
 5.15 希釈混合装置を用いた検知閾値、臭気指数、マスキングの定量評価
 5.16 においの嗅ぎ方による結果のばらつきの低減方法

6.成分分析方法
 6.1 成分分析装置、GC,GCMSの原理
 6.2 におい嗅ぎGCとはどんなものか?
 6.3 GCMSの分析結果の導き方
 6.4 GCMSの結果とにおい嗅ぎGCの結果を比較してみると。
 6.5 におい嗅ぎGCにおける各ピークのにおいの強さの決め方3種
  (アロマクロマトグラフィーにおける、ピーク高さの決め方)
 6.6 におい嗅ぎGCでの注意点
 6.7 GCMSでの結果とにおいの関係性(TVOCの結果)⇒青葉アルコールの例
 6.8 におい嗅ぎGCMSの結果を使って、においは再現できるか?(ビールの例)
 6.9 クロマトの一つのピークに複数成分が含まれてしまったときの対処方法
 6.10 2DGCMSを利用したフロアマットの測定例

7.成分分析の前処理方法
 7.1 ヘッドスペース測定
 7.2 捕集管を使った加熱脱着TD法 捕集管へのサンプリング方法 捕集管の種類
 7.3 ダイレクト加熱法
 7.4 モノトラップを用いた方法
 7.5 SPMEを用いた方法

8.におい全体の前処理
 8.1 蒸留法(水蒸気蒸留、クーゲルローエル蒸留、SAFE法)
 8.2 溶媒抽出方法

9.においセンサ法
 9.1 においセンサ法の原理
 9.2 においセンサ法の注意点

10.におい識別装置法
 10.1 におい識別装置法の原理
 10.2 におい識別装置は複合臭分析に有効
 10.3 におい識別装置の解析方法
 10.4 臭気指数相当値が装置だけで求められる利点(注意点)
 10.5 におい識別装置でにおいの近さ度合いが定量化できる利点(注意点)
 10.6 複合臭の中の特定の複合臭に絞った分析が出来る利点(注意点)

11.異臭の分析
 11.1 異臭の実際
 11.2 GCMSとデータベースによる異臭分析例

12.快不快評価
 12.1 官能評価による快・不快のばらつき(人種の違い)
 12.2 におい識別装置を用いた不快度分析例

13.マスキング測定
 13.1 希釈混合装置を用いた例
 13.2 におい識別装置を用いた例

14.複合臭分析の新しい提案
 14.1 自動オミッション法とその原理
 14.2 自動オミッション法の応用例

  □質疑応答□