セミナー 印刷

実際的な界面活性剤分析
― 解析のための分離・精製・分析ノウハウ ―

~多種・複雑に配合された界面活性剤を、確実に分離分析するための手法を解説~
~界面活性剤分析についてお困りの問題が解決します~

HPLCだけじゃない!短時間で分析する迅速分析手法を解説します。
乳化剤・可溶化剤・分散剤など、様々な材料に配合されている界面活性剤の成分を分析しようとして、躓いたことはありませんか? 多種類が配合されていることも少なくない界面活性剤を、首尾よく短時間で分離・分析するのに役立つノウハウを解説します
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2019年4月16日(火)  10:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第2特別講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,300円)
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識1、界面活性剤がどういうものか、多面的な理解が深まる。        
2、界面活性剤分析が困難な理由が原理的に理解できる。          
3、製品中から界面活性剤を単離し、分析する根本的な手法が理解できる。
対象中級者から上級研究者を中心にお役に立つ講演内容です。 初心者でも受講の価値あります。

セミナー講師

元(地独)大阪市立工業研究所 香粧品研究室長 中村 正樹 氏
【専門】界面活性剤、界面科学、洗浄剤、分離分析、有機合成


 

セミナー趣旨

 界面活性剤を含有する各種の製品について、配合される界面活性剤や添加される有効成分を簡単に、安価に、迅速に、かつ正確に分析する実践的な手法を解説いたします。講演では各種家庭用洗剤、精密電子部品洗浄剤、金属洗浄剤、抗菌剤、皮膚用化粧品、印刷用インキなど界面活性剤を含有する多様な製品の具体的な分析手法を紹介することにより、実際的な分析法を理解していただきます。特に複数の界面活性剤の混合物からの分離、定量手法や分離された界面活性剤の構造解析手法についてもやさしく解説します。またこれまでの受講者様のお困りの事例なども紹介し、解決のためのノウハウを多数解説し分析手法の理解の一助といたします。

セミナー講演内容

[キーワード]界面活性剤、分離分析、構造解析、洗浄剤、乳化剤、分散剤、可溶化剤 
               
1.界面活性剤含有製品の分析概論
   ― なぜHPLCでは充分な分析ができないのか ―

  界面活性剤を分離分析する上での根本的な原理を解説
  界面活性剤含有製品の系統立てた分析手法を解説

2.分析における種々の前処理法
 2.1 溶剤抽出法および分相抽出法
 2.2 蒸留法
 2.3 ロ別法
 2.4 その他の前処理法

3.各種機器分析概論
  ― 得られるデータの解析法の基礎から応用まで ― 

 3.1 IR分析法
 3.2 NMR分析法

4.実際的な分離手法解説
 4.1 吸着および分配クロマトグラフィー
 4.2 イオン交換クロマトグラフィー
 4.3 HPLC分析を効果的に行うためのノウハウ
 4.4 TLC分析の有用性および分取TLCの手法解説と応用
 4-5 高性能分離法および迅速分析法の手法解説

5.分析例をもとにした実際的な分離手法、定量方法の紹介
 5.1 液体洗剤中の界面活性剤混合物の分離と定量方法
 5.2 精密電子部品洗浄剤の分析
 5.3 業務用リネン洗浄剤の分析
 5.4 皮膚用化粧品の分析と含有する界面活性剤分析
 5.5 粉末衣料用洗剤および台所用液体洗剤の成分分析
 5.6 各種金属洗浄剤の分析
 5.7 印刷用インキ、抗菌剤、繊維油剤等の分析
 5.8 その他、製品中に配合される界面活性剤の分析

6.各種トラブルの解決法
 6.1 赤外分析にかからない界面活性剤の分析法
 6.2 HLBの異なる同種の界面活性剤の分析法
 6.3 強酸、強アルカリ型洗剤の前処理法とその分析法
 6.4 剥離剤や分散剤分析における留意点
 6.5 その他

  □質疑応答・名刺交換□