セミナー 印刷

超撥水(油)・超親水(油)・滑液性
表面創製技術の最前線

~種々のアプローチの長所・短所とより実用性のある表面設計の指針~

演者が取り組むぬれ性制御技術から国内外の最新の研究開発動向までを多彩に紹介。
従来とは異なる表面設計コンセプトについても基礎から解説。
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2019年3月18日(月)  10:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第2講習室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の24,300円)
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・実用基板の表面処理(超撥水(油)/超親水(油)性)に関する基礎知識。
・ぬれ性評価の正しい知識。
・国内外の最新の研究開発動向
対象・表面処理(撥水(油)/親水(油)性)に関する研究/技術開発に関わる企業研究者、技術者の方。

セミナー講師

(国研)産業技術総合研究所 構造材料研究部門 材料表界面グループ 研究グループ長 博士(工学) 穂積 篤 氏
【専門】表面化学、材料プロセス工学、薄膜工学 【詳細紹介

 

セミナー趣旨

 本セミナーでは、撥水(油)性、親水(油)性といった固体表面の“ぬれ性”をいかに制御し、正しく評価するかについての基礎知識の修得を目指すとともに、これまでに報告されている各種技術の長所・短所、国内外の最新の研究開発動向を紹介しながら、演者らが取り組んでいる実用的なぬれ性制御技術について、その設計指針と得られる機能について実例(単分子膜、ゲル、ポリマーブラシ、ハイブリッド皮膜等)を挙げながら分かりやすく詳細に解説する。

セミナー講演内容

1.濡れの基礎
 1.1 Youngの式
 1.2 表面張力の定義
 1.3 表面自由エネルギー
 1.4 Cassieの式(凹凸表面におけるぬれ)
 1.5 Wenzelの式(複合表面におけるぬれ)
 1.6 CassieとWenzelの式は本当に正しいのか?
 1.7 既存理論を否定する研究事例
 1.8 3相接触線の重要性
 1.9 これまでのぬれ性評価
 1.10静的接触角

2. 動的ぬれ性
 2.1 動的ぬれ性とは?
 2.2 動的ぬれ性制御の重要性
 2.3 動的接触角
 2.4 動的接触角の測定方法
 2.5 接触角ヒステリシス
 2.6 自然界における高/低接触角ヒステリシス表面
 2.7 接触角ヒステリシス制御に関する過去の研究
 2.8 接触角ヒステリシスを抑制するためのコンセプト
 2.9 接触角ヒステリシスと滑落性の関係
 2.10 低接触角ヒステリシス表面の応用例

3.撥水/撥油処理の研究開発動向
 3.1 超撥水/撥油性を得るための指針
 3.2 これまでの超撥水/撥油性表面の問題点・課題
 3.3 最近の超撥水/撥油性の定義
 3.4 最新の撥水/撥油処理の研究開発動向
 3.5 滑落性に優れた撥水/撥油処理
    1) 自己組織化単分子膜
    2) 有機—無機ハイブリッド皮膜
    3) 耐熱性に優れた撥油性皮膜
    4) 難付着性ゲル
    5) 自己修復する超撥水材料

4.親水処理の研究開発動向
 4.1 超親水性/親水性を得るための指針
 4.2 これまでの超親水性/親水性表面の問題
 4.3 最新の超親水性/親水処理の研究開発動向 
 4.4 防曇材料
    1) 曇りのメカニズムと濡れ性制御の重要性
    2) これまでの防曇処理の研究事例
    3) 自己修復する超親水防曇皮膜
    4) 抗菌性・抗カビ性
    5) 水中での特異なぬれ性

5.現状の課題と最近のトピックス

6.まとめ


  □質疑応答・名刺交換□