セミナー 印刷

≪EV・HEV向け≫
車載モータへの要求特性と最新技術動向

小型・軽量化、騒音抵減技術の動向は? 補機用モータの動向は?
何故IPMモータが採用されるのか? 可変磁束モータのメリット・デメリットとは?

重要性を増す自動車のモータ駆動技術の最新動向を解説。
日時 2019年1月24日(木)  13:00~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第3講習室
会場地図
講師 大同大学 工学部 電気電子工学科 准教授 博士(工学) 加納 善明 氏
【専門】永久磁石同期モータの設計と制御、リラクタンストルク応用モータの設計と制御,位置センサレス制御を前提としたモータ設計 【講師紹介
受講料(税込)
各種割引特典
43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 ) S&T会員登録について
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で43,200円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額の21,600円)
備考※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・自動車の主機及び補機用モータの動向
・次世代自動車用モータとして注目される可変磁束モータの研究開発動向
対象・自動車の主機及び補機用モータの動向について知りたい方
・モータ設計技術者
・モータの小型化・高効率化、低損失化技術について最近の動向を知りたい方
予備知識として電気機器(モータの基礎)、電気回路、磁気回路の基礎知識がある方が望ましい

セミナー趣旨

 近年,自動車を取り巻く環境問題は、都市部における地球環境温暖化防止の観点から、地球規模でのCO2問題に発展している。この中で、内燃機関(エンジン)と電気モータ(モータ)を組み合せたハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の研究開発が盛んに行われており、既に量産車として市販されている。今後、自動車分野においてモータ駆動技術はますます重要性を増していくと考えられます。
 そうした状況を踏まえて、本セミナーでは、自動車主機用モータとして採用され,燃費向上に貢献している永久磁石同期モータの構成、小型化・高出力化等に向けた技術動向を紹介する。加えて,次世代自動車用モータとして注目される可変磁束モータについての研究開発動向を紹介する。電気自動車やハイブリッドカーに関連した研究開発に携わる技術者にとって一つの指針となるようなセミナーにすることを目標にしている。

セミナー講演内容

1.電気自動車の歴史概観
 1.1 車両概観
 1.2 動力特性
 1.3 制御装置
 1.4 自動車のエレクトロニクス化

2.EV・HEVのパワートレーン
 2.1 EV・HEVをとりまく環境 
 2.2 生産動向
 2.3 EV・HVの構成
 2.4 ハイブリッドシステム 

3.駆動用モータ
 3.1 交流モータの基礎:誘導モータと永久磁石同期モータ(PMモータ) 
 3.2 PMモータの特徴 
 3.3 PMモータの効率マップと多用動作点 
 3.4 国内の自動車主機モータ:埋込磁石同期モータ(IPMモータ) 
 3.5 何故IPMモータが採用されるのか 
 3.6 永久磁石とIPMモータの特性 
 3.7 モータにおける磁石の不可逆減磁 

4.自動車主機用モータの開発動向
 4.1 自動車主機用モータの要求性能
 4.2 技術動向1-高速化による小型・軽量化
 4.3 技術動向2-騒音抵減技術
 4.4 技術動向3-EV用モータシステム
 4.5 技術動向4-自動車補機用モータ
 4.6 自動車主機用モータの海外動向

5.可変界磁モータの研究開発動向
 5.1 可変磁束モータの分類
 5.2 可変磁束モータのメリット・デメリット
 5.3 永久磁石の磁化状態を可変とするタイプ
 5.4 磁気回路を可変とするタイプ(機械的要素無) 可変漏れ磁束モータ
 5.5 ハイブリッド界磁モータ ロータ磁石・ステータ巻線
 5.6 ハイブリッド界磁フラックススイッチングモータ
 5.7 まとめ

  □質疑応答・名刺交換□

[キーワード] 自動車主機用モータ,永久磁石同期モータ,可変磁束モータ