セミナー 印刷

<研究開発・設計を行うための>
流体力学の基礎&応用の初歩

~流体力学の基礎知識と流れに対する勘、見方~

業務や研究で流体力学を必要としている方、これまで流体力学を学ぶ機会が少なかった方、学び直したい方は是非

ベルヌーイの定理など流体力学の基礎学理を、1日間で偏りなく幅広く習得

流体力学を基礎から効率的に習得したいとお考えの方に最適の講座
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2018年11月27日(火)  10:30~16:30
会場 東京・千代田区駿河台 連合会館  5F 502会議室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識流体力学の基礎知識と流れに対する勘,見方
キーワード:流線形,粘性力,ベルヌーイの定理,揚力,抗力,レイノルズ数

セミナー講師

工学院大学 工学部 機械工学科 教授 工学博士 伊藤 慎一郎 氏
【講師紹介】

セミナー趣旨

 流体力学は、機械・航空・土木・船舶・建築・化学工学などの工学分野、また物理・気象・海洋・天文などの理学分野、さらに医学・生物学・農学分野で広く利用されています。
 本講座は、ベルヌーイの定理など流体力学の基礎学理を、1日間で偏りなく幅広く習得できるよう設計されています。上記の分野で、業務や研究で流体力学を必要としている社会人の方、これまで流体力学を学ぶ機会が少なかった方、学び直したい方などを対象としております。流体力学を基礎から効率的に習得したいとお考えの方に最適の講座です。

セミナー講演内容

1.はじめに~流体力学とは

2.流体力学の基礎知識

 2.1 力学としての単位系の確認
 2.2 流体の性質一般、圧力、粘性力、浮力
 2.3 流線形と抗力、エネルギー、レイノルズ数
 2.4 層流と乱流、レイノルズ数と抗力の関係

3.ベルヌーイの定理とエネルギー保存
 3.1 ベルヌーイの式3態
 3.2 ベルヌーイの式の応用:ピトー管、ベンチュリ管

4.管内流れ(ベルヌーイの定理の応用)
 4.1 助走区間内の流れ
 4.2 管摩擦損失
 4.3 層流、乱流、荒い円管、ムーディー線図
 4.4 円管以外の管摩擦損失
 4.5 管路の諸損失

5.抗力と揚力
 5.1 圧力抗力CDと摩擦抗力Cf、抗力係数
 5.2 揚力の発生
 5.3 循環Γと揚力の関係
 5.4 2次元翼と3次元翼
 5.5 渦度γ

6.流体の運動量の法則
 6.1 管路にかかる流体力、反作用
 6.2 曲がり管にかかる流体力
 6.3 噴流による流体力
 6.4 噴流によって物体が動く場合の流体力
 6.5 プロペラの推力
 6.6 翼に働く作用と反作用:揚力

  □質疑応答□