セミナー 印刷

プラスチック用添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方
<実践講座:添加剤編>

~赤外による添加剤の定性に特化した実践講座~
~この位置に、このピークがあれば、●●の添加剤である~

■その日から役に立つと高評価の講座。内容を充実させて新登場■
■教科書やコンピュータが教えてくれない知識を得る貴重な機会■

★ “得られたスペクトルを読む力”を身につけたい方へ!目からウロコの実践的な指針を提供!
★ 赤外スペクトルの読解力を基礎と実践で身につける!
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2018年10月26日(金)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  5F 第2講習室
会場地図
講師 スペクトラ・フォーラム 代表 高山 森 氏
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円)
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

セミナー趣旨

 赤外法は添加剤の定性のために最も多用されている。定性技術向上を目的として、対象は「プラスチック用添加剤(および若干のゴム用添加剤)」に特化し、内容は「赤外スペクトルの読み方」に特化した講座である。
 そもそもは、コンピュータ検索を使用しない分析技術者に、スペクトルの定性を楽しみながら行う指針を伝授することを企図したが、コンピュータ検索を用いている場合でも、このような指針を併用すれば、コンピュータが選んだ候補の中から確信を持って正解が見つけられ、検索の精度・効率が飛躍的に向上する。
 一般論ではなく、講師が実測した多くのスペクトルを基に得た具体的な知見やノウハウが中心。
 説明に加え、そのまま活用できるマニュアル(「逆引きスペクトル事典」試作版)も提供。

セミナー講演内容

<講師より>
 これまで、「ポリマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方」という講座だったものを、ポリマー編と添加剤編に独立させ、内容の一層の充実を図ることにしました。ポリマー編(9月28日、「プラスチックおよびエラストマーの赤外吸収スペクトルの読み方」)にもご参加される方には割引料金が適用されます。
 講義は、添加剤編だけの参加者もおられるという前提で、基礎的説明から始めます。この部分は事例を添加剤中心にしていますが、説明としてはポリマー編と重複しますので、ご了承ください。ただし、全員がポリマー編の受講者でいらした場合には、この部分は復習程度にとどめ、他の部分を充実させます。併せご了承下さい。

<対象>
・赤外の経験があり、スペクトルを読む力を身に着けたいという問題意識がある方に最適。
・コンピュータ検索を使用している方も使用していない方も受講の意義あり。
・内容は豊富であるが、難解な理論は無関係、技術的難度は中程度以下、詳細な資料付きなので、経験が浅い方でも受講に問題なし。

<得られる知識・技術>
次のような背景知識、および、直ぐに活用できるノウハウ。
・構造の違いがスペクトルにどう反映されるか
・構造類似の添加剤の識別には、どこに着目するか
・未知スペクトルの定性用ガイドの提供:「逆引きスペクトル事典」

<プログラム>
A 共通基礎(1): 赤外吸収の原理&基準振動
 1.赤外吸収の原理:基準振動&グループ振動
 2.基準振動の各論
 3.吸収強度
 4.グループ振動のシフト
 5.特性吸収帯のまとめ & 波数領域分割の勧め
 6.倍音・結合音によるピーク
 7.赤外スペクトルによる定性の基本
 8.読む力が身に着きやすいスペクトルとは

B 共通基礎(2): 赤外スペクトルの眺め方
 1.複眼的視点:スペクトルを多角的に眺めること
 2.顕微鏡的視点:微妙な違いを見逃さないこと

C 赤外スペクトルによる添加剤の定性:基礎 
 1.添加剤各タイプの赤外スペクトルの特徴と識別法
   ・フェノール系酸化防止剤
   ・亜リン酸エステル
   ・HALS 等々
 2.部分構造の識別法
   ・アルキル基
   ・ベンゼン環
 3.類似添加剤の識別法
   ・カルボニル含有添加剤

D 赤外スペクトルによる添加剤の定性:実践ガイド:「逆引きスペクトル事典」方式
 1.未知スペクトルの定性法:基本的な考え方と「逆引きスペクトル事典」の提案
 2.「逆引きスペクトル事典」を支える思想
 3.定性に役立つ認識:波数領域別の特徴の整理
 4.「逆引きスペクトル事典」の概要
 演習:スペクトルの特徴の見つけ方
 別説明  「逆引きスペクトル事典」の使用法

E 参考:微量試料の赤外スペクトルの測定法
 1.微量試料の赤外スペクトルの測定法
 2.クロマトグラフィーとの連結法

  □質疑応答・名刺交換□