研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍

セミナーセミナー番号:B180914(クリーン化)

医薬品 エレクトロニクス | 化学・材料
セミナー
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー

クリーンルーム清浄度維持の勘どころ

~知っていますか?清浄度維持のためにやるべきこと/やってはいけないこと~

初級者の方にもわかりやすく噛み砕いて、図・表・写真を多く使用し、具体例を交えつつ
クリーン化の基礎と清浄度維持のためにやるべきこと/やってはいけないことを徹底解説
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2018年9月14日(金)  10:30~17:00
会場 東京・港区浜松町 芝エクセレントビル B1F KCDホール  
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,300円) 
備考資料・昼食付
得られる知識・クリーンルームの基礎の確認
・清浄度維持のためにやるべきこと、やってはいけないこと
・クリーンルームにおける汚染状況の把握
・具体的な作業員管理、汚染対策
対象・クリーン化技術に携わる全ての方々

【講師より】
 受講に際して知識は必要ありません。安心して受講してください。専門用語は随時解説しますし、やや難しい内容は、
 その本質を噛み砕いて説明します。話に着いて来ていただければ大丈夫です。
このセミナーは終了しました。

講師

趣旨

 クリーン化技術に携わる、初級から中級までの全ての方々を対象に、中級の入口までの内容を平易な言葉で説明します。理論のほか、実験・実測・経験に基づいた内容も示します。例題で、具体例・図・表・写真も多く掲げます。質問は随時受け付けます。専門用語は進行に伴って自然に吸収できるようにします。
 講演の重要ポイントは以下の通りです。

 1.汚染の原因と対策
 2.作業員管理・教育の重要点
 3.クリーンルームの適正な状態の維持・管理
 4.クリーン化技術の最新の動向

プログラム

1.クリーンルーム(以下,CR)の基礎
 1.1 清浄度とは何か?
 1.2 CRの種類・形式・変遷

2.クリーンルーム内の汚染物質[塵埃]
 2.1 塵埃の性質
  a.気流との関係,拡散範囲
  b.[演習]空気中で微小粒子はどのように移動するのか?
  c.発塵による塵埃の拡散(その汚染範囲は?)
 2.2 人・物からの発塵
  a.拡散範囲,内圧変動,摺動発塵
  b.製品と人と製造装置の位置関係の影響
  c.衣類の摺動による発塵
  d.人からの発塵

3.クリーンルーム内の作業員管理と教育
 3.1 CRの4原則
 3.2 クリーンスーツ着衣人体からの発塵機構
  a.クリーン手袋からの発塵
  b.クリーンスーツ内の圧力変動
  c.クリーンスーツを通しての発塵
  d.[演習]人体からの塵埃拡散範囲
 3.3 人の適正な位置取り・適正な動作とは?
 3.4 クリーンスーツの選定,洗濯頻度
  a.クリーンスーツ選定の要件
  b.クリーンスーツのフィルタ効率と運動発塵量との関係
  c.クリーンスーツの劣化
 3.5 クリーン手袋は上か下か?
 3.6 エアシャワーの効果

4.さらなる清浄化への指針(対策)
 4.1 微小塵埃/ミスト/気流を把握 → そして対策へ
 4.2 普遍的な対策コンセプトとは?
 4.3 除去/抑制の手順と考え方

5.クリーンルームの清掃
 5.1 清掃の種類と方法
 5.2 各部位の清掃方法・頻度,特定表面の清掃
 5.3 注意点

6.クリーンルームの国内外関連規格の最新動向
  ISO規格,JIS規格,JACA指針など

7.参考文献紹介(初級~上級まで,主要なものを表紙画像と内容も含め紹介)

□ 質疑応答 □
 
このセミナーは終了しました。
当サイトはグローバルサイン社によりセキュリティ認証をされています。
SSLページ(https)からの情報送信は暗号化技術により保護されます。