研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍

セミナーセミナー番号:B180877(流体力学)

エレクトロニクス | 化学・材料 | エネルギー・環境・機械
セミナー
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー

<製品開発・設計を行うために必要な>
流体力学の入門講座

「なんとなく理解していた」から「しっかり基礎を理解した」へ

業務等で流体力学を利用するため基礎から学びなおしたい人、
 流体力学について専門的な勉強を行うための基礎を学びたい人へ

ニュートン力学、保存則を中心に流体力学の基本的な考え方を身に付ける
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2018年8月27日(月)  10:30~16:30
会場 東京・千代田区駿河台 連合会館  4F 404会議室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識 ニュートン力学、保存則を中心に流体力学の基本的な考え方を学習します。これらの知識は基礎的なものですが、製品開発・設計を行う上で必要な知識です。なんとなく理解していたから、しっかり基礎を理解したと思えるようにしたいと思います。
・連続体についての考え方
・質量保存則(連続の式)
・運動量保存則(運動方程式)
・エネルギー保存則(ベルヌーイの式)
・粘性及び粘性せん断応力
・レイノルズ数
・境界層
・パイプの中の流れ
・抗力・揚力
キーワード:連続体,保存則,連続の式,ベルヌーイの式,レイノルズ数,乱流,境界層,流体力
このセミナーは終了しました。

講師

豊橋技術科学大学 工学部 機械工学科 教授 博士(工学) 飯田 明由 氏
専門:流体工学,空力音響

趣旨

 業務等で流体力学を利用するため、基礎から学びなおしたい人、流体力学について専門的な勉強を行うための基礎を学びたい人を対象とした講義を行います(大学必修科目レベル)。

プログラム

1.[理想流体の力学]流体の静力学
 1.1 流体とは?
 1.2 圧力の定義
 1.3 圧力の計測

2.質量保存則とエネルギー保存則
 2.1 連続の式
 2.2 ベルヌーイの式の導出
 2.3 ベルヌーイの式の応用
 2.4 キャブレターの計算

3.運動量の保存則
 3.1 運動量
 3.2 運動量保存則
 3.3 運動量保存則の応用

4.層流と乱流
 4.1 粘性流体の性質
 4.2 レイノルズ数
 4.3 層流と乱流

5.粘性流体の力学
 5.1 管内流れ(ハーゲン・ポアズイユの式)
 5.2 ムーディー線図
 5.3 境界層
 5.4 乱流境界層
 5.5 管路内の流れと抵抗、管路の設計法

6.損失を考慮したエネルギー保存則と流体機械
 6.1 損失
 6.2 拡張ベルヌーイの式
 6.3 ポンプ/流体機械

7.流体力と揚力
 7.1 流体力の概算
 7.2 抗力
 7.3 流線型とドン等物体
 7.4 はく離
 7.5 ゴルフボールのディンプル
 7.6 揚力

8.流体工学の応用
 8.1 流れと音
 8.2 数値解析
 8.3 実験解析

  □質疑応答□
このセミナーは終了しました。

関連商品

当サイトはグローバルサイン社によりセキュリティ認証をされています。
SSLページ(https)からの情報送信は暗号化技術により保護されます。