研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍

セミナーセミナー番号:B180857(香り)

化粧品 化学・材料
セミナー
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー

香りの生理・心理的評価手法の課題と
新評価法による製品開発等への活用

香粧品、食品、医薬・医療、自動車分野等々で利用がすすめられる香りの効能
作用機構、有効性を正しく把握して、製品・技術開発に使うために
生理学的・心理学的解析・官能評価、自律神経活動、大脳活動・・・
香りの効能・作用を統合的に評価する生理的、心理的な技術や手法を多数解説
このセミナーの受付は終了致しました。
日時 2018年8月27日(月)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  4F 第2特別講習室
同じ建物内で部屋を変更しました 8/21 9:30更新
変更前:4F 第1グループ活動室
会場地図
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円)
備考資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
キーワード:香りの評価の課題、新評価法、香りの有効性
このセミナーは終了しました。

講師

筑波大学 大学院 グローバル教育院 教授
(兼務) 花王(株) 栃木研究所 主席研究員 医学博士 矢田 幸博 氏
【講師情報】

趣旨

 香りの多様な生理作用(鎮静や覚醒効果)については、多くの報告がなされているが、近年、ダイエットや睡眠改善などのヘルスケア視点からの展開も期待されている。しかしながら、それらの効果の発現は、香りに対する嗜好性や性別、年齢さらには、生活環境の違いにより大きく異なることが知られている。そのため、香りの有効性評価では、生理学的な解析結果を疑問視する声もあり、心理学的な解析や官能評価から論じられる場合も多かった。
 本講では、香りの評価の際の課題や留意すべき点について論じるとともに課題克服のための香りの探索、有効性評価などの新知見を基に香りの活用技術の可能性について言及したい。
 なお、香り評価技術の理解を深めるため、香り評価に有効な自律神経活動(瞳孔対光計測)および大脳の活動(近赤外NIRSの計測)の計測機器による評価の実演を行う予定である。

プログラム

1.香りの効能
 1.1 香りとヒトの関わり(概論)
 1.2 香りの生理心理的な効果
 1.3 香り利用の可能性と課題
 1.4 香りの官能評価における課題

2.香りの作用機構
 2.1 香りの生化学的な解析
 2.2 香りの心理学的な解析
 2.3 香りの生理学的な解析
 2.4 香りの新評価法による解析

3.香りの有効性評価法
 3.1 生理学的な評価法1(自律神経関連、免疫関連、温熱生理関連・・・)
 3.2 生理学的な評価法2(末梢循環関連、大脳生理関連・・・)
 3.3 心理学的な評価法(気分、心地良さ、疲労感、ストレス意識・・・)
 3.4 総合的な評価法(疲労低減の効果、飲用時の評価法・・・)
 3.5 その他の評価法(睡眠に関する評価、抗疲労評価、抗ストレス評価・・・)

4.香りの評価のための計測法の実演
 4.1 瞳孔対光反応計測に基づく香りの自律神経活動への作用解析
 4.2 近赤外(NIRS)計測に基づく香りの大脳活動への作用解析

5.香りの評価法の課題
 5.1 香り評価実験を行う際の課題1(被験者選定、提示方法、揮散濃度、嗜好性の有無・・・)
 5.2 香り評価実験を行う際の課題2(測定法の選択、データ解析・・・)
 5.3 香り評価実験の組み立て方、実施方法、グローバル評価法

6.まとめと香り研究の展開
 6.1 講習会のまとめ
 6.2 香りによるQOLへの応用
 6.3 香り研究の展望

  □質疑応答□
このセミナーは終了しました。

関連商品

当サイトはグローバルサイン社によりセキュリティ認証をされています。
SSLページ(https)からの情報送信は暗号化技術により保護されます。