研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍

セミナーセミナー番号:B180839(メタマテリアル)

エレクトロニクス | 化学・材料 | エネルギー・環境・機械
セミナー
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー

光メタマテリアルの基礎・加工技術
および応用展開と今後の展望

メタマテリアルとは何か?どういった特性・用途があるのか?実際に応用するには?
光メタマテリアルの構造、作製のための加工技術、応用展開、今後の展望、最新動向等、基礎から網羅的に解説します。
日時 2018年8月29日(水)  10:30~16:30
会場 東京・大田区平和島 東京流通センター 2F  第4会議室
会場地図
講師 (国研)理化学研究所 主任研究員 博士(工学) 田中 拓男 氏
【講師詳細はこちら】
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
備考資料付・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識・メタマテリアル研究の背景
・メタマテリアルの基礎知識
・メタマテリアルの加工技術
・メタマテリアルの応用と展望
・我々の取り組み
対象メタマテリアルに興味のある方。基礎的な光学の知識があると望ましい。

趣旨

 光メタマテリアルとは、光の波長よりも細かなナノメートルスケールの構造と光波との相互作用を用いて新奇な光学特性を実現した人工光学物質である。
 本講演では、赤外光~可視光の領域で動作する光メタマテリアルについて、その研究背景や基礎特性、メタマテリアルに適切な材料や構造について述べた後、この光メタマテリアルの加工技術について最先端の研究結果を示しながら紹介する。また,光メタマテリアルの応用や将来展望についても述べる。

プログラム

1.光メタマテリアルとは何か?
 1.1 光の特性
 1.2 物質の光学特性—屈折率,誘電率,透磁率とインピーダンス
 1.3 光メタマテリアルの特徴
 1.4 光メタマテリアルの動作原理
 
2.光メタマテリアルの構造
 2.1 金属の分散特性
 2.2 光メタマテリアルの構造設計
 2.3 光メタマテリアルの分散特性
 2.4 電磁気学的解析手法
 2.5 光メタマテリアルの設計指針
 2.6 さまざまな形態のメタマテリアル(3Dメタマテリアル,メタサーフェース)
 
3.光メタマテリアルの加工技術
 3.1 加工技術への要求項目とそのポイント
 3.2 光リソグラフィ法
 3.3 電子線リソグラフィ法
 3.4 2光子重合法と金属コーティング
 3.5 2光子還元法
 3.6 大量加工に向けて.新しい取り組み

4.光メタマテリアルの応用
 4.1 パーフェクトレンズ(完全レンズ)とは
 4.2 光学迷彩(透明人間)への応用
 4.3 メタマテリアル吸収体
 4.4 メタマテリアル吸収体を用いた高感度分子計測
 4.5 メタマテリアルカラー

5.まとめ
 5.1 今後の展開

 □質疑応答・名刺交換□
 

関連商品

当サイトはグローバルサイン社によりセキュリティ認証をされています。
SSLページ(https)からの情報送信は暗号化技術により保護されます。