研究・技術・事業開発のためのセミナー/書籍

セミナーセミナー番号:B180807(スマートテキスタイル)

エレクトロニクス | 化学・材料 | エネルギー・環境・機械
セミナー
【 2 名 同 時 申 込 で 1 名 無 料 】 対 象 セ ミ ナ ー

スマートテキスタイルの要素技術と
国内外の最新動向・今後の展望

スポーツ、医療・介護、自動車、農業、生活用品、包装材など、様々な分野で研究開発・応用が進むスマートテキスタイル。
その要素技術と国内外の最先端の情報を詳しく解説します。
日時 2018年8月7日(火)  10:30~16:30
会場 東京・品川区大井町 きゅりあん  6F 中会議室
会場地図
講師 福井大学 産学官連携本部 客員教授 Ph.D 堀 照夫 氏
専門:繊維の機能加工
【講師詳細はこちら】
受講料(税込)
各種割引特典
48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 ) S&T会員登録について
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料 1名分無料適用条件
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円) 
備考※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。
得られる知識繊維を用いたモノづくりは衣料用用途に留まらず、あらゆる産業になくてはならない材料となっています。中でも環境の変化等に適切に対応する賢い繊維(スマートテキスタイル)は世の中を便利にするためのテキスタイルとして大きな進化を遂げようとしています。このようなモノづくりに必要な原理から要素技術、これらを組み合わせてできる製品展開の歴史から最先端の商品展開までの世界の技術が習得できます。
対象テキスタイルの特性を利用し、繊維、電気・電子、建築・建設、農業、宇宙開発等にかかわる新しい技術展開を希望される研究者および技術者を主な対象とします。どんな分野の方も理解できるような平易な内容にまとめます。

趣旨

 第4次産業革命に入り、世の中はAI、ロボット、IoT、クラウドなどのキーワードに代表されるように益々便利な世の中へとシフトして行きます。繊維産業も大きくその形態を変え、「賢い繊維」(スマートテキスタイル)製品の開発とモノづくりへの展開が加速されだしました。日本では欧米に遅れてスマートテキスタイルの研究が着手されましたが、2015年から始まったウェアラブルEXPOの影響もあり、この4年間で日本のスマートテキスタイル開発も大きな進展を遂げてきました。電気・電子材料を衣類に装着したいわゆるe-テキスタイルが主となりますが、日本では特に要素開発が進みました。一方、ヨーロッパ、アメリカではモノづくりが先行し、色々なスマートテキスタイルが実際に広く展開しています。
 本講演ではスマートテキスタイルの定義から欧米の取り組みの歴史、スマートテキスタイル製造のための要素技術、世界の最先端のスマートテキスタイル産業の現状を紹介します。

プログラム

1.はじめに(第4次産業で何が変わるか)

2.スマートテキスタイルとは?
 2.1 スマートテキスタイルの定義
 2.2 ヨーロッパのスマートテキスタイルの概要
 2.3 アメリカのスマートテキスタイルの概要

3.一昔前のスマートテキスタイル
 3.1 テクニカルテキスタイルからの発展
 3.2 色々な分野で期待されていたスマートテキスタイル

4.スマートテキスタイルの開発要素
 4.1 導電性繊維
  4.1.1 導電性物質練り込み繊維
  4.1.2 金属めっき繊維
  4.1.3 金属スパッタリング繊維など
 4.2 導電ペースト
 4.3 導電インク
 4.4 伸縮性導電性接着剤
 4.5 接合技術と回路形成技術
  4.5.1 半田、カシメ、接着等による接続技術
  4.5.2 刺繍、プリント等による回路形成技術

5.スマートテキスタイルの具体例
 
5.1 日本の技術(合繊各社およびベンチャー企業等の提案)
 5.2 世界の技術(先行するフランスの開発事情)

6.これからの期待

 
□質疑応答・名刺交換□
 

関連商品

当サイトはグローバルサイン社によりセキュリティ認証をされています。
SSLページ(https)からの情報送信は暗号化技術により保護されます。